ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 黒部名水 エントリー開始 | メイン| 視覚・知的障害者と走る »

2017年12月 2日 (土)

ケニアと目黒区 友だちの輪

1_2

 2020年の東京五輪・パラリンピック大会に向け、国際交流が盛んになってます。東京・目黒区とアフリカのケニア共和国は先月7日、ホストタウン事業にかかる覚書を調印。同区に大使館があるため、両者はこれまでも積極的な交流を続けてきましたが、3年後の五輪への機運醸成の一つとして調印に至ったそうです。
 スポーツ交流の一環として、26日に開催された「第2回目黒シティラン~健康マラソン大会」にはケニア人留学生で札幌山の手高3年のローレンス・グレが参加。今月24日の全国高校駅伝に出場するトップ選手が、約4000人のランナーと一緒に区内を駆け抜けました。
 今回のホストタウン事業のテーマは「ラフィキ トモダチ プロジェクト」。ラフィキとはケニアの公用語スワヒリ語で「友だち」のこと。目黒区内の子どもたちにシューズを提供してもらいケニアに届けることがその第一弾で、友好の輪が大きく広がりそうです。 
  
 写真=青木英二区長とグレ

コメント

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.