ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 優勝者 特異なキャリア | メイン| 寒さに負けずベスト達成 »

2018年1月28日 (日)

「老舗」勝田の楽しみ方

Img_6875

 第66回勝田全国マラソンが28日、茨城・ひたちなか市などで開催され、フルと10キロの部にエントリーした約2万5000人が勝田路を駆け抜けました。
 日本最古のフルマラソンは1946年(昭和21年)に始まったびわ湖マラソンですが、勝田もそれに匹敵する「老舗」。読売全国マラソン神宮大会として53年(同28年)に産声を上げ、その後は青梅、宇都宮、水戸と開催地が変遷。第20回大会から勝田に定着し、29回から現在の勝田全国となりました。
 1月の最終日曜日。ちょっと肌寒い北関東の地を巡りながら、昭和と平成とともに歩んできた勝田の歴史に思いをはせる―。半世紀を超える大会だけに、そんな楽しみ方もできそうです。明日29日も勝田からリポートします。

 写真=勝田駅前の大通りを埋め尽くしたランナー

コメント

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.