ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 「箱根」体感 神奈川マラソン | メイン| 愛媛LOVE 北海道から参戦 »

2018年2月 6日 (火)

川内鮮輝 ウルトラの夢

Img_7011

 明日7日のスポーツ報知(東京本社版)は、先月28日に茨城・ひたちなか市で開催された勝田全国マラソンを特集しています。
 今回は公務員ランナー・川内優輝(30)の弟で、2時間19分26秒でフルの部5位に入った鮮輝(よしき、27)=Jaybird、写真=をクローズアップ。今年の勝負レースは6月のサロマ湖100キロウルトラで、100キロワールドチャンピオン2018日本代表選考会も兼ねた同大会で「代表の座」を狙ってます。
 以前から兄にウルトラ参戦を勧められていたそうで、昨年10月の四万十川100キロで6時間42分6秒で初優勝。現在は「日本代表のユニホームを着て世界のウルトラ大会に出ることに、すごくロマンを感じてます」と意欲を見せています。
 このほか紙面では、先月の箱根駅伝で4年ぶりに往路を制した東洋大・酒井俊幸監督(41)がヨーグトルトを利用したコンディショニングを披露。総合で3年連続2位という同大の安定感の秘けつを指揮官が語っています。

コメント

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.