ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 2018年2月 | メイン | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月20日 (火)

笑顔満開 大女子会

Img_0708

 明日21日のスポーツ報知(東京本社版)は、11日に開催された名古屋ウィメンズマラソンを特集してます。
 書類審査を通ったイケメン50人で結成された「おもてなしタキシード隊」が、完走者にティファニー社製のオリジナルペンダントを贈呈する光景は今や名古屋の「風物詩」。エイドステーションのテーブルにティッシュペーパー、トイレに芳香剤が置かれるなど、より女性に配慮した大会は進化を続けています。
 今年はイケメンたちとゆっくり記念撮影する「お立ち台」がナゴヤドームの外野フェンス沿いに設けられました。髪の乱れをチェックする大鏡も近くに用意され、まさに至れり尽くせり。皆さん、42.195キロを走り終えた疲れも見せず、にこやかに順番を待ってました。
 「ここは大きな女子会ですから。みんなで楽しむ場なんですよ」と50代の女性。「へぇ~、そうなんだ」と妙に納得しました。

 写真=思い思いの仮装でゴール

2018年3月17日 (土)

トランス・エゾ 走り旅1100キロ

Img_21522

 北海道の宗谷岬と襟裳岬を往復する世界最長約1100キロのウルトラマラソン「TRANS・YEZO」(トランス・エゾ)が、8月5日から18日までの日程で開催され、参加者を募集しています。
 トランス・エゾのことを初めて聞いた人は「1100キロ? 走れるの?」と、スケールの大きさに驚きますが、1997に始まった大会は今年で22回目。リピーターを中心に全国から参加者が集う人気レースとなってます。
 参加者は必要な荷物を担ぎ、コース図を頼りにその日のゴールを目指すステージレース。コース上にエイドステーションは設置されず、給水や給食は各自で補うのがルールです。前半の「toえりも」、後半の「toそうや」はルートが異なり、観光旅行では体験できない北の大地の自然やグルメをたっぷり堪能できる「走り旅」なのです。
 今年は1869年に探検家・松浦武四郎が「北加伊道」と名付けてから「北海道命名150周年」に当たる記念の年。第22回を迎える大会も、先人の功績にちなんだ「22/150」をキャッチフレーズに掲げてます。
 
 大会要項は下記の通り
 【コース・距離・日程・参加分担金】
 「toえりも」(宗谷岬ー襟裳岬 約545キロ 8月5日~11日)、5万5000円
 「toそうや」(襟裳岬ー宗谷岬 約555キロ 8月12日~18日)、5万5000円
 「アルティメイト・ジャーニー」(往復 約1100キロ 8月5日~18日)、10万円
 申し込み、問い合わせ no-miso@nifty.com
 ※参加分担金のほか宿泊費も必要

 写真=レース最終日、オホーツクラインの9キロ続く直線で記念撮影(2016年の大会)

2018年3月13日 (火)

女の直感 ティファニー仮装 

Img_06971

 本日も11日に開催された名古屋ウィメンズマラソンをリポートします。
 多くの仮装ランナーの中で最も人気を集めたのは、完走者に贈られるティファニーのオリジナルペンダントが入った「ブルーボックス」に扮した山本純子さん(50)=写真左=と麦島由紀さん(44)=同右=。スタート前から周囲のランナーに記念撮影をせがまれ、沿道からの声援もたくさんもらったそうです。
 今回の仮装は「今年になって、ひらめきました」と山本さん。その後、縫製関係が仕事の麦島さんが「1日で仕上げました」とか。「7年連続で仮装してますが、今年が一番、声がかかった。ずっと笑いながら走りました」(山本さん)、「外国人にも受けてたみたい」(麦島さん)。2人とも手応え十分で笑顔が輝いてました。
 ちなみにチーム「ブルーボックス」のタイムは4時間30分56秒。脚力もしっかり、パフォーマンスも満点でした。

2018年3月12日 (月)

女の意地 涙の自己ベスト

Img_0492 

 本日も11日に開催された名古屋ウィメンズマラソンをリポートします。7回目の今回は過去最多の2万1915人が出場。女性をもてなす運営面がクローズアップされがちですが、力を振り絞ったランナーもたくさんいました。ベストタイムをマークした人を紹介します。
 川村綾(27=3時間7分25秒、北海道)「右足のすねの故障で、この1か月で追い込み練習。(室内トラックの)ツドームやスポーツジムのトレッドミルで走り込みました」
 佐藤康子(42=3時間18分2秒、千葉県)「大田原と別府大分は不調。大好きな名古屋で結果を出したかった。10キロ、5キロのペース走など、きっちり練習ができました」
 東千春(39=3時間37分11秒、愛知県)「去年は歩いてゴール。今年は食事制限で5キロ減量し、腹筋を鍛えて体幹で走る練習に取り組んだ。歩かず走り切れてよかった」
 塚本三直恵(39=4時間49分50秒、千葉県)「昨年の東北・みやぎ復興マラソンで出会った人に名古屋のことを聞いて申し込み。今日は震災発生日、縁をかみしめて走った」
 梅津美津子(50=4時間51分4秒、埼玉県)「12回目のフルで初めて5時間を切れた。50歳を過ぎたけど、あきらめないでよかった。1週間前からずっと緊張してました」
 皆さん、感激して涙でウルウル。お疲れ様、ナイスランでした。(敬称略、記録はネットタイム)
 
 写真=17キロ地点を通過するランナー

2018年3月11日 (日)

女の迫力2万2000人

Img_0307

 名古屋ウィメンズマラソン2018が11日に開催され、快晴の名古屋市内をカラフルなウェアの女性ランナーたちが駆け抜けました。
 今回の定員は2000人増の2万2000人。女性ランナーに埋め尽くされた道路の光景は「すごい」の一言。当ページの管理人・桃井光一は3年連続の取材ですが、世界最大の女子マラソンの迫力に今回も圧倒されました。
 女性はなぜ、名古屋ウィメンズを目指すのか。関西から5年連続出場のTSさんによると「女性ばかりだから給水で男性に押されることがない。女性はイーブンで走り続ける人が多く、自分に合った集団を見つけやすくて記録も出やすい。ただ、後半に落ちてきた男性を抜いていく楽しみがないのが残念やなあ。ティファニー? うれしいおまけですねん」とのこと。
 給水テーブルにはティッシュが、トイレには芳香剤が置かれるなど、女性の大会ならではの配慮が好評です。明日も名古屋リポートをお届けします。
 
 写真=約2キロ地点を通過するランナー。まだ元気いっぱい

2018年3月 6日 (火)

立川シティ 「山の神」登場

Img_0174

 本日も4日に開催された立川シティハーフマラソン2018をリポートします。ふだんは立ち入ることもできない陸上自衛隊立川駐屯地の滑走路を走れる非日常感、箱根駅伝予選会とほぼ同じコースを併催の日本学生ハーフマラソン選手権に出場したトップ選手と一緒に走る醍醐味が魅力の大会です。
 さらに、大会には応援パフォーマーたちが集結。慶大応援団と創価大チアリーダー「パンサーズ」、キャンディーズのコピーバンド「ハニキャン」、立川市吹奏楽団、和太鼓の「趣」らがコース上やイベントステージで応援と演奏、ダンスなどを披露しました。
 今回、レース後のステージで最も注目されたのは元箱根駅伝ランナーによるトークショー。駒大時代に4年連続出場の西田隆維さん(40)、東洋大で4年連続5区を走った「山の神」柏原竜二さん(28)、順大で3回出場後に壽屋(コトブキヤ)陸上部所属の実業団選手になった稲田翔威(23)が箱根トークを展開しました。昨年、引退後にアメリカンフットボールチーム「富士通フロンティアーズ」のマネジャーとなった柏原さんは「体調が悪かった3年の時、酒井監督から『お前と心中するから頑張れ』と言われ、やる気になりました」と秘話を明かしてます。
 なお、明日7日発売のスポーツ報知(東京本社版)に大会の様子を掲載します。お楽しみ下さい。

 写真=トークショーに出演した(左から)稲田翔威、柏原竜二さん、西田隆維さん

2018年3月 5日 (月)

立川シティ 「箱根」体感

Img_9862

 立川シティハーフマラソン2018が4日、立川市で開催され、ハーフと3キロ、親子ペア(約1.4キロ)に計8224人が出場しました。
 スタート地点は陸上自衛隊立川駐屯地の滑走路で、立川市街、国営昭和記念公園内を走るコースは箱根駅伝予選会とほぼ同じ。しかも、併催で同時スタートの日本学生ハーフマラソン選手権には、全国の大学生1018人が出場。箱根駅伝の常連校も集結し、「箱根」を間近で体感できる大会なのです。
 トップクラスの大学生を見た一般ランナーからは「走りが速くて軽い」「足が細いのに蹴り上げる力がバネみたいに強かった」「今年の学生はダンゴ状態で走ってた。実力差がなく全体的に層が厚い感じ」「足の回転が速い。ストライドの長さは僕の1.5倍はありそう」といった感想を聞きました。
 ちなみに日本学生ハーフの上位は、1位・梶谷瑠哉(青学大、1時間3分20秒)、2位・伊勢翔吾(駒大、1時間3分31秒)、3位・西田壮志(東海大、1時間3分36秒)。来年の箱根の主力候補が、しっかり実力を披露してくれました。
  
 写真=立川駐屯地の滑走路を飛ばす学生のトップ集団

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.