ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 女の直感 ティファニー仮装  | メイン| 笑顔満開 大女子会 »

2018年3月17日 (土)

トランス・エゾ 走り旅1100キロ

Img_21522

 北海道の宗谷岬と襟裳岬を往復する世界最長約1100キロのウルトラマラソン「TRANS・YEZO」(トランス・エゾ)が、8月5日から18日までの日程で開催され、参加者を募集しています。
 トランス・エゾのことを初めて聞いた人は「1100キロ? 走れるの?」と、スケールの大きさに驚きますが、1997に始まった大会は今年で22回目。リピーターを中心に全国から参加者が集う人気レースとなってます。
 参加者は必要な荷物を担ぎ、コース図を頼りにその日のゴールを目指すステージレース。コース上にエイドステーションは設置されず、給水や給食は各自で補うのがルールです。前半の「toえりも」、後半の「toそうや」はルートが異なり、観光旅行では体験できない北の大地の自然やグルメをたっぷり堪能できる「走り旅」なのです。
 今年は1869年に探検家・松浦武四郎が「北加伊道」と名付けてから「北海道命名150周年」に当たる記念の年。第22回を迎える大会も、先人の功績にちなんだ「22/150」をキャッチフレーズに掲げてます。
 
 大会要項は下記の通り
 【コース・距離・日程・参加分担金】
 「toえりも」(宗谷岬ー襟裳岬 約545キロ 8月5日~11日)、5万5000円
 「toそうや」(襟裳岬ー宗谷岬 約555キロ 8月12日~18日)、5万5000円
 「アルティメイト・ジャーニー」(往復 約1100キロ 8月5日~18日)、10万円
 申し込み、問い合わせ no-miso@nifty.com
 ※参加分担金のほか宿泊費も必要

 写真=レース最終日、オホーツクラインの9キロ続く直線で記念撮影(2016年の大会)

コメント

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.