ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 高岡寿成 マラソンの極意 | メイン| 最北の地 フルマラソン誕生 »

2018年4月 3日 (火)

山口衛里 まず「6時間走」

Mfx13135

 本日も先月に開催された「トレーニング&コンディショニング シンポジウムin大阪 ~高機能食品がスポーツパフォーマンスを支える~」(報知新聞社後援)の様子をリポートします。
 男子マラソンの前日本記録保持者の高岡寿成・カネボウ化粧品陸上競技部監督(47)、シドニー五輪女子マラソンで7位に入賞した山口衛里・環太平洋大女子駅伝チーム監督(45)、日本陸連科学委員長として五輪などを支援してきた杉田正明・日体大教授(52)によるパネルディスカッションでは、山口監督の現役時代の練習方法が明かされ注目を集めました。
 本格的なマラソントレーニングに入る前は、まず「6時間走」を1人で取り組んでいたという山口監督。その目的は「体にきつさを覚えさせる体作りの一環で、ペースは1キロ5分でした」。会場に集まった約150人のほとんどが一般ランナーだったこともあり、場内からは「へぇ~」「そうなんだ」といった声が聞こえました。
 トップ選手が大会に向けて行う40キロ走に関しては、「私はマラソンを10本走ってます。その半分は40キロ走を数本入れて臨みましたが、結果が出ない。ある時から40キロ走を1本にし、20キロや30キロを増やしたら結果がついてきました」。一般ランナーに共通する山口監督の話に、また「へぇ~」という声が聞こえてきました。
 このシンポジウムの詳細は明日4日のスポーツ報知で紹介します。

 写真=熱弁する山口監督(右は日体大の杉田教授)

コメント

Wеll, what does God ⅼike?? Leee added. ?I imply, wee like cookies and cartoons ɑnd toys, hoᴡever what sort of tһings are fսn for God??
It was a question that for a minute Mommy and Daddy had to assume ɑbout.

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.