ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 第20回記念 長野マラソン | メイン| 長野命 20年目の晴れ舞台 »

2018年4月16日 (月)

長野LOVE「桃がきれい」

Img_0588

 本日も15日に開催された「第20回記念 長野マラソン」をリポートします。
 お昼ごろまで雨が降ったりやんだり。肌寒さもありましたが、不安定な天候は「想定内」というランナーがほとんどでした。2年前は風速7.5メートルの強風に悩まされ、昨年は気温が22~23度まで上がって完走率は80%を下回るなど、春先の天候は年によって変わります。
 遠方から参加した人たちのコメントを紹介します。リピーターさんが多く、「長野LOVE」の声が並んでます。
 
 松本浩(45、2時間41分29秒)=千葉県「12回目の参加。子供がハイタッチをしてくれたり、応援が温かい大会です」
 竹安雅美(48、3時間24分1秒)=大阪府「2年連続の参加。桃がピンクに咲いていて『きれい』と叫んでしまいました」
 金井智恵子(51、3時間34分52秒)=千葉県「去年は桜と菜の花、今年は桃が印象的。スイス風のホルン演奏もよかった」
 山本純子(39、3時間36分15秒)=静岡県「制限時間が5時間。タイム狙いの人に引っ張ってもらえた。4時間切れて満足」
 藤永礼三(77、3時間43分50秒 男子75~79歳の部1位)=山口県「初参加。スタートで雨が降っていて体が動かなかった」
 佐藤志保(51=3時間54分1秒)=神奈川県「夫と一緒に来ました。千曲川沿いの桃、畑の景色など、あきずに眺めてました」
 (敬称略、記録はネットタイム)

 写真=千曲川の堤防道路を走るランナー(28キロ付近)

コメント

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.