ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« チャレンジ富士五湖 人気の118キロ | メイン| 70代 ウルトラ愛 »

2018年4月25日 (水)

壽屋・稲田 3年目の誓い

Img_6125

 順大時代に箱根駅伝に3回出場し、2年前に大手ホビーメーカー・壽屋(コトブキヤ)に就職した稲田翔威(24)が、22日に開催された東日本国際親善マラソン(神奈川・相模原市、ハーフ)を1時間7分7秒で制しました。
 快晴で気温が30度まで上がる状況下、前半2キロ付近でトップに立ってからは「1人旅」。「1キロ3分10秒ペースで押していく」というレースプラン通りに走り切り、2位に6分以上の大差をつける圧勝劇でした。
 この2年間、フルマラソンを7本消化。自己ベストが2時間22分50秒(2017年、東京)と伸び悩み、今季から年間スケジュールを一新。これまで出場してきた北海道や函館などの「夏フル」は見送り、ハーフやトラックレースを中心にして秋以降のフルに備えることにしました。来月は13日に富士裾野高原マラソン(ハーフ)、19日に東日本実業団陸上競技選手権(1万メートル)に出場してスピード強化を図ります。
 今月上旬、都内で行われた3千メートルの記録会では8分33秒をマーク。稲田は「良い滑りだしを切れたと思います。出た大会は優勝を狙っていきたい」と意欲を燃やしています。
 
 写真=表彰台の中央に立った稲田

コメント

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.