ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

紙面紹介

2017年8月22日 (火)

新春フル一覧表を掲載

B1

 明日23日のスポーツ報知(東京本社版)は、来年1月以降に開催されるフルマラソン特集です。福島県から沖縄県までの35大会を一覧表にしてますので、レーススケジュールの参考にして下さい。
 「いわきサンシャインマラソン」(2月11日、福島・いわき市)のゴールでは、レイをもったフラガールがお出迎え。「能登和倉万葉の里マラソン」(3月11日、石川・七尾市)は能登カキを養殖する七尾西湾をグルッと1周。「高知龍馬マラソン」(2月18日、高知市)はカツオの切り身の入った「かつおめし」、「ヨロンマラソン」(3月4日、鹿児島・与論町)=写真=は「ヤギ汁」と、エイドステーションで名産を味わえます。
 個性的な上記4大会は写真入りで紹介してます。心に響く応援やグルメなど、「行ってよかった」と思える要素がいっぱいです。

2017年8月 8日 (火)

富士登山競走 五郎谷V

Dsc_2891

 明日9日のスポーツ報知(東京本社版)は、7月28日に開催された富士登山競走をドーンと取り上げてます。昨年、五合目コースの大会記録を34年ぶりに更新する1時間17分5秒で制した五郎谷俊(24、コモディイイダ)が、今年は山頂コースを歴代2位の2時間31分34秒で初優勝。昨年1月の箱根駅伝で東洋大の5区走者として区間3位と健闘した「山のスペシャリスト」が、2位に14分以上もの大差をつける圧倒的な走りを披露しました。
 「大学の時は速い選手が多く、トラックでは勝てなかった。でも、上りだと戦える。自分のリズムで押していける富士登山やトレイルは僕に向いてると思う。チャンスがあれば、ウルトラにも挑戦したい」と五郎谷。駅伝やフルマラソンが中心の実業団選手の中では異色の存在ですが、今後の動向が注目されそうです。
 節目の第70回大会には、国内46都道府県、海外17か国からエントリーがあり、山頂コースに2391人、五合目コースに1278人の計3669人が出場。3月のインターネット申し込み開始日は、山頂コースが22分、五合目コースが10分で定員に達して締め切り。標高差約3000メートルに挑む人気大会に出場するには、まず「クリック合戦に勝つ」ことが鉄則です。

 写真=一般登山客の横を励まし合って上るランナー(八合目付近、飯田貴紀さん提供)

2017年7月25日 (火)

幸せハイタッチタイム

Img_0418

 明日26日のスポーツ報知(東京本社版)は15日と16日に開催された「オートバックスPresents 第23回ランナーズ24時間リレーマラソンin富士北麓公園」(山梨・富士吉田市)特集。一昼夜かけて1周1.16キロの特設コースを走った周回数を競う大会ですが、出場した179チーム2060人は本当に楽しそう。紙面にはラスト1時間のハイタッチの様子や盆踊り、花火大会の写真をたくさん掲載してます。
 駒大陸上競技部・大八木弘明監督(58)と藤田敦史コーチ(40)が、秋のフルマラソンを目指す一般ランナーにアドバイスする連載「駒大の流儀」は第4回。藤田コーチは「フルは限られたエネルギーをゴールまでいかに配分するか。燃費の優れたエコカーをイメージして下さい」と指摘しています。8月まで続く連載は、効果的な練習方法や故障を防ぐコツなど、より実践的な内容になります。
 写真=24時間リレーマラソンのハイタッチタイム
 

2017年7月10日 (月)

藤田敦史コーチ登場

Img_2828

 今週12日(水)のスポーツ報知(東京本社版)は、2日に開催された「2017函館マラソン」特集。フルとハーフの部に出場した計6963人が、津軽海峡と函館山、赤レンガ倉庫などを望む絶好のコースを駆け抜けた様子をお伝えします。
 2番手の企画は、駒大陸上競技部・大八木弘明監督(58)と藤田敦史コーチ(40)が秋のフルマラソンを目指す一般ランナーにアドバイスする連載「駒大の流儀」。今月から8月の最終回まで藤田コーチが担当し、初フルに挑む人の練習方法や故障を防ぐコツなど、より実践的なポイントを語ってもらいます。
 藤田コーチは駒大時代に4年連続、箱根駅伝に出場。富士通入社後は2000年の福岡国際を2時間6分51秒で制し、男子マラソンの日本最高記録(当時)をマークしたトップランナーです。上の写真は柔和な表情ですが、学生には熱く厳しく接して名門の流儀をたたき込んでます。
 

2017年6月27日 (火)

スイカの仮装 たくさん掲載

Img_4067

 明日28日のスポーツ報知(東京本社版)は25日に開催された第34回富里スイカロードレース特集。スイカになりきった?仮装グループの写真をたくさん掲載してます。秋、冬の大会だと記録を狙ってガチンコモードになりがちですが、富里スイカは真逆。紙面も楽しげでユル~イ感じにできあがってます。
 今月から始まった新連載「駒大の流儀」は2回目。大八木弘明監督(58)と藤田敦史コーチ(40)が秋のフルマラソンを目指す一般ランナーにアドバイスする企画です。今回は大八木監督が「気温が上がって貧血になりやすい季節。鉄分をしっかりとって貧血防止に努めて下さい」と呼びかけてます。
 写真=富里スイカのゴール地点。皆さん、笑顔がステキです

2017年6月13日 (火)

「駒大の流儀」スタート

Img_3003

 明日14日のスポーツ報知(東京本社版)は、4日に開催された黒部名水マラソン(報知新聞社共催)特集。立山連峰と黒部川、富山湾を望む景観の素晴らしさに加え、この時期に走れるフルマラソンということもあって全国からリピーターが集まります。メイン企画では富山県外から参加した女性ランナー3人の「黒部愛」に迫りました。
 そして、駒大陸上競技部の大八木弘明監督(58)と藤田敦史コーチ(40)が、秋のフルマラソンを目指す一般ランナーにアドバイスする新連載「駒大の流儀」がスタート。8月まで計6回、熱中症や脱水を防ぐ夏の調整方法やコンディショニングなどを語ってもらいます。箱根駅伝で活躍した師弟コンビが、完走のコツと記録を向上させるテクニックも伝授します。
 写真=黒部川に沿って富山湾に向かうランナー。前方の橋を北陸新幹線が通過した

2017年5月30日 (火)

ハード&絶景

Img_2420

 明日31日のスポーツ報知(東京本社版)は、20日と21日に開催された「箱根ランフェス2017 富士ビューラン」特集。複合型スポーツイベントを掲げて第1回大会が行われ、ノルディックウォーキングや3時間リレーマラソンなどの種目を合わせて約1100人が参加しました。
 メインは富士ビューラン(ハーフ)と三国峠ラン(7.5キロ)で、ともにスタートから3.75キロを駆け上るハードコース。当ページの管理人・桃井光一はコース上で取材をしましたが、「はあはあ、ぜいぜい」というランナーの荒い息づかいが耳に残ってます。一方、両種目とも折り返し後は進行方向に富士山の勇姿が現れ、笑顔が戻って元気になるランナーが目立ちました。
 「きつくて何度もやめようかと思ったけど、富士山が見えてきて『さあ、頑張ろう』と歩かず頑張れた」とKさん。5年ぶりにレース復帰したTさんは「厳しい坂道の後、富士山と三島方面の街並みの風景に感動しました」。首都圏にハードさとロケーションの良さを兼ね備えた大会が誕生したようです。
 写真=富士山に向かって走る三国峠ランの部の選手たち

2017年5月16日 (火)

競馬ファンの夢舞台

Img_20681

 明日17日のスポーツ報知(東京本社版)は、13日と14日に北海道苫小牧市で開催されたノーザンホースパークマラソン(報知新聞社後援)特集。個性的な大会はたくさんありますが、競走馬を育成する牧場が舞台のノーザンホースの面白さは際だってます。
 2004年菊花賞馬・デルタブルースに先導され、騎手の勝負服に身を包んだランナーたちが坂路を駆け上っていきます。明日の紙面のメイン企画では、競馬ファンで遠方から参加した人たちに注目。「坂路では馬の気分になれた」という大阪のKさんのコメントが印象的でした。
 写真=近隣の牧場沿いの道を走るハーフの部のランナー

2017年5月 2日 (火)

初完走 ウルトラの女

Img_0201

 明日3日のスポーツ報知(東京本社版)は先月23日に開催されたチャレンジ富士五湖ウルトラマラソン特集。紙面では、くっきり見えた富士山、満開になった桜の写真を大きく使ってます。
 メインの記事は「FUJI 5LAKES 118キロ」、「FUJI 4LAKES 100キロ」、「FUJI 3LAKES 71キロ」の各部で初完走を果たした女性ランナー3人を取り上げてます。4年前のリベンジに燃えたKさん、コースを間違えて途方に暮れたGさん、腹痛をこらえ続けたTさん。夜明け前から日没まで、それぞれの思いと意地をもって走り切りました。
 写真=富士山を背に感動のゴール

2017年4月18日 (火)

70代 フルの流儀

Img_9297

 明日19日のスポーツ報知(東京本社版)は、フルマラソンを元気に楽しむ70代のランナー3人にスポットを当ててます。
 小島靖子さん(75)は61歳から走り始め、2月の東京を4時間59分35秒でゴール。フルは年1本だけと決め、しっかり練習して臨む小泉尚昭さん(70)は3月の佐倉を3時間58分15秒で走り切りました。気負わず自然体を心がける小松原幸直さん(75)は今月16日のかすみがうらを5時間35分58秒で完走。それぞれのランニングや大会への思い、取り組み方を語ってもらいました。
 各メーカーの最新シューズやウェアを紹介する「イチ押し」はアシックスが登場。軽さとクッション性に優れた「NOOSA FF」(ヌーサ エフエフ)を解説しています。
 写真=自宅近くの牛久沼周辺を走る小松原さん

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.