ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 2017年3月 | メイン | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月29日 (土)

昭和の日に昭和町にて

Dsc_0087_2

 大阪の実家に帰ろうと歩いていると、風に乗って歌声が…。この声は、もしやと歌声が聞こえてくる桃ケ池公園に行くと、やっぱり。憂歌団のボーカル・木村充揮が青空ライブをやってました。

 “天使のだみ声”と呼ばれる木村サンの味のある声は聞き間違えるはずがありません。地下鉄・御堂筋線の「昭和町」駅界隈は、昭和の日にちなんで「どっぷり、昭和町。」というお祭りをやっていたのでした。今年で12回目らしいのですが、東京に転勤して23年、この時期に帰阪する機会はありませんでした。パンフレットには昭和92年と書かれていました。

 それにしても木村サンは63歳になっても変わらない。「おそうじオバチャン」「胸が痛い」「嫌んなった」など大阪を代表するブルースバンド、憂歌団のナンバーを、かつて少年時代に野球をしたグラウンドで聞ける幸せに浸りました。ギターを弾いて叫ぶ木村サンの足元にカップ酒が置いてあったのを見逃しませんでした。昭和、バンザイ。

2017年4月27日 (木)

「ゴング格闘技」休刊

Img_9912  月刊格闘技専門誌「ゴング格闘技」が休刊することになり、27日に東京・神田神保町の「書泉グランデ」で行われた「愛読感謝トークイベント」を取材しました。

 伝説の格闘家・中井祐樹氏、松山郷編集長、藁谷浩一元副編集長が思い出を振り返りました。

 私にとっても思い入れのある雑誌で、最終号が刷り上がった19日に編集長インタビューをしたばかりです。トークショーでは1986年の創刊号が紹介されましたが、高校生だった私はそれを買っています。今でこそ、プロレスと一線を画していますが、プロレスと格闘技が同居していた初期のゴン格は好きでした。

 中井氏は学年が1つ下で、私と同じくプロレスに憧れた少年でしたが、技を追究するあまりにそこから脱却しプロレスと格闘技の線引きを明確にした第一人者となりました。

 最後まで聞いていたかったのですが、同時間帯に後楽園ホールで行われた初代タイガーマスク(佐山サトル、かつての中井氏の師匠)のリアルジャパンプロレスに移動し、掛け持ち取材となりました。中井氏のようにストイックになれないミーハー視点のマスコミ人を自認せざるを得ません。

「ゴング格闘技」300号で休刊…松山郷編集長に聞く (4月22日 11:00) 

休刊する「ゴング格闘技」最後のトークショーに中井祐樹氏「何を言ってもさみしい」 (4月27日 20:59)

佐山サトル「80年代のタイガーマスクを育てます」…2代目スーパータイガーは王座奪回ならず (4月27日 21:46) 

2017年4月17日 (月)

後楽園ホール55周年

Dsc_0082

 4月16日は後楽園ホール開業55周年でした。一昨年まで東京ドームシティを取材し、意識していたのですが、今年はたまたま全日本プロレスのチャンピオン・カーニバル開幕戦を取材するためホールへ行き、入口で記念クリアファイルを受け取ってから気付いたのでした。忘れていたのに足を運んでいることに縁を感じます。デスクに縛り付けられてもフットワークだけは失ってはいけないことを実感しました。

関連記事

“格闘技の聖地”後楽園ホールが創業55周年…プロレス、キックボクシングに沸く (4月16日 18:56)

チャンピオン・カーニバルが開幕…初出場の橋本大地、三冠王者・宮原健斗らが白星発進 (4月17日 00:00)

ドリー・ファンク・ジュニアがチャンピオン・カーニバルに登場! (4月17日 08:00) 

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.