ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« K-1ヘビー級復活 | メイン | カブキ19年ぶり2度目の引退 »

2017年12月14日 (木)

世界最強タッグとプロレス大賞

Img_6992_2

 全日本プロレスの世界最強タッグ決定リーグ戦が12日に後楽園ホールで最終戦を迎え、13日にはプロレス大賞選考委員会が行われた。連日のプロレス年末行事に顔を出し、もう今年も終わってもいいと思ったのでした。

 最強タッグは1978年から、プロレス大賞は1974年からのプロレスの恒例行事。浮沈の激しい業界で、報道はネットが中心になっていますが、昭和の遺産を忘れないでおこうと感じる師走です。

世界最強タッグは諏訪魔&石川修司が初優勝…決定戦で橋本大地組撃破  

内藤哲也が2年連続プロレス大賞…オカダVSオメガがベストバウト  

大仁田厚氏のプロレス大賞“グランドスラム”ならず…   

“ハリウッドJURINA”こと松井珠理奈がプロレス大賞特別賞に輝く  

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.