ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« ディズニー報知 | メイン | Gウイーク »

2018年4月23日 (月)

酒道楽

Dsc_0559 明治35年(1902年)に報知新聞で連載されていた村井弦斎の「酒道楽」を文庫本(岩波文庫、900円+税)で読みました。小さい文字の457ページに及ぶ長編で、以前から入手していましたが、ようやく読破することができました。

 酒を楽しむかのようなタイトルですが、実は滑稽小説の形をとった禁酒の啓蒙書。明治時代の教訓が現代にも生かされます。主人公の1人、酒山登さんの酒乱ぶりは滑稽で、とても他人とは思えません。私も禁酒を機に自省の念から読み進めました。酒山さんはどん底を味わいながら、禁酒とハッピーエンドを手に入れるわけですが、その先はどうなったかわかりません。禁酒ではなく、節酒こそ自律だと気付いた私、酒井にとって、酒山さんのその後を書いてみたいと思う次第です。

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.