ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« Gウイーク | メイン | 再出場!遠藤、偉い »

2018年5月13日 (日)

ウサギ島

Img_8599_2

  約700羽の野生のウサギが生息する“ラビットアイランド”大久野島(広島・竹原市)に行き、旅原稿を書きました(ネットでも配信済み)。

 レジャー原稿を書くときに常に意識しなければいけないのが、社会ネタです。この取材依頼を受けた時は近隣の向島に脱走受刑者が潜伏していた時期でした。その問題が解決するまでは掲載はできないという覚悟で取材しました。

 4月末に解決し、ゴールデンウイーク明けの掲載となりましたが、掲載したその日に大久野島にイノシシが出たというニュースが。未然形での掲載なので不可抗力ではありましたが、タイミングが悪すぎます。

 レジャー担当デスクを8年やりましたが、こんな例がいっぱいありました。花見取材の掲載直前に台風が起きたり。フェリーの旅の掲載直前にそのフェリーで火災が発生したり、のんきな鉄道取材をした日に同社で事故…など。

 さて大久野島ですが、聞くとイノシシは昨年も出たようで、それでもウサギはたくましく主役を張り続けているそうです。写真の通り、足を伸ばして寝られています。 もちろん野生動物の生態系ですから、どう変わってもおかしくない、ということは認識して今を楽しむべきでしょう。

時をかけるウサギ…“ラビットアイランド”大久野島に行ってみた 

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.