ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

ファイト

2018年1月 5日 (金)

30周年の東京ドーム詣で

Dsc_0399_2

  今年初の東京ドーム取材は、やはり1・4新日本プロレス「WRESTLE KINGDOM12」でした。3日のアメリカンフットボール日本選手権「ライスボウル」がドーム始めという記者もいますが、私は毎年1・4です。

 今年はドーム開業30周年。12日から始まる「ふるさと祭り」にも行かねばなりません。3月30日からのプロ野球開幕カード、巨人・阪神戦も見逃せません。

1・4東京ドームに鳴り響いたUWFのテーマ…金曜8時のプロレスコラム  

オカダ・カズチカ、内藤哲也下し9度目のIWGPヘビー防衛「今年もオカダしかいないんじゃないかと思います」 

1・4スペシャルアンバサダー・松井珠理奈、振り袖姿で「みんなでプロレス、イッテンヨン!」  

オカダ、棚橋、オメガが3大IWGP王座防衛に成功…1・4東京ドーム全試合結果 

2017年12月23日 (土)

カブキ19年ぶり2度目の引退

Dsc_0383  後楽園ホールで行われたザ・グレート・カブキ引退試合「KABUKI THE FINAL」に行ってきました。83年2月にカブキとして凱旋帰国した後楽園ホールでのセレモニーは感慨深いものがありました。

 69歳のカブキさんは1998年9月に引退していましたが、居酒屋をやりながら、後輩からの要請でゲストとしてリングに上がっていました。7年ぶり7度目引退の大仁田厚氏(60)のように、それを非難する人はいませんでしたが、誰も書かなかったので19年ぶり2度目の引退とここで記しておきましょう。

ザ・グレート・カブキ、引退試合で勝利、最後の毒霧とヌンチャクを披露「プロレスは自分の人生そのもの」  

引退連載は全10回

【引退、ザ・グレート・カブキ ヒストリー〈1〉】雑誌に載った連獅子をヒントにカブキ誕生  

2017年12月14日 (木)

世界最強タッグとプロレス大賞

Img_6992_2

 全日本プロレスの世界最強タッグ決定リーグ戦が12日に後楽園ホールで最終戦を迎え、13日にはプロレス大賞選考委員会が行われた。連日のプロレス年末行事に顔を出し、もう今年も終わってもいいと思ったのでした。

 最強タッグは1978年から、プロレス大賞は1974年からのプロレスの恒例行事。浮沈の激しい業界で、報道はネットが中心になっていますが、昭和の遺産を忘れないでおこうと感じる師走です。

世界最強タッグは諏訪魔&石川修司が初優勝…決定戦で橋本大地組撃破  

内藤哲也が2年連続プロレス大賞…オカダVSオメガがベストバウト  

大仁田厚氏のプロレス大賞“グランドスラム”ならず…   

“ハリウッドJURINA”こと松井珠理奈がプロレス大賞特別賞に輝く  

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.