ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

2017年10月14日 (土)

「矢内原忠雄 戦争と知識人の使命」を読む

 今年6月に出版された岩波新書の「矢内原忠雄 戦争と知識人の使命」(赤江達也著)を読みました。矢内原は、東大総長を務めたキリスト教知識人。戦前、盧溝橋事件(1937年)を契機に中国との戦争になだれ込んだイケイケムードの時節に反戦を訴えた人物です。

 なぜ、この本を読もうと思ったか。矢内原が、在野のキリスト者として無教会主義を唱えた内村鑑三の門下生であったことに興味を持ったからです。

 もう27年も前のことですが、私が立教大の学生時代、宗教に関心があったことから鈴木範久先生の「宗教学」の講義をとりました。講義は親鸞聖人の「歎異抄」がテーマだったのですが、鈴木先生の専門は内村鑑三の研究でした。教派主義に異議を唱えた内村が提唱した「無教会主義」を、私は宗派や教会を超えたものであるべきという意味にとらえ、共感していたのですが、その後「無教会主義」がどのように受け継がれていったのかについては、全く知識がありませんでした。

Photo

 この本を読んでまず感じたのは、軍国主義が強まり、日本のほとんどの宗教家が治安維持法での検挙を恐れて「反戦」の声を潜めてしまった中で、矢内原忠雄は本物の宗教家であったのではないかということ。ですが、この本はその「良心的知識人」という側面を賛美しているわけではなく、さらに矢内原自身が「キリスト教的な意味での『神の国』の到来を国民に告げる預言者だと考えていた」という、あまり知られていない側面にも光を当てた評伝になっています。

2017年9月13日 (水)

さようなら友鵬さん

  8日に急逝した日本相撲協会の世話人、友鵬さん(享年60)の告別式に参列させて頂きました。親方衆、関取衆をはじめとするたくさんの関係者で、大鵬道場は溢れていました。友鵬さんは本当に皆さんから愛されていたんだなあ、とつくづく感じました。

Img_7163

 

 私も大嶽親方のむせび泣きながらのお別れの挨拶を聞くと涙が堪えられなくなってしまいました。 また11日、私が書かせて頂いた友鵬さんの追悼コラムは、大変たくさんの方々にお読みいただくことができました。懐かしい方やご面識のない方からも、温かいお言葉を頂き、これも友鵬さんの人徳の表れだとしみじみ思っております。ふだんあまり接する機会がない気難しい親方と会うときにも、友鵬さんが一緒にいてくれると、会話がスムーズになる。こんな人物はめったにいないと思います。

Img_7154

 

 相撲の世界は土俵の上で光を浴びる力士たちだけでなく、友鵬さんのように裏方として支えていらっしゃる方がいてこそ成り立っていることをお伝えしたい一心でしたが、記事にして本当に良かったと思います。

 相撲漫画家・琴剣さんが描いた友鵬さんの似顔絵。本当にやさしいお人柄が表れており、大鵬道場に飾られているのをみて涙が出てきました。

 友鵬さん、またいつか一緒に泡盛でも飲みましょう!

Img_7166

2017年7月20日 (木)

世界でいちばん美しい村

 ポレポレ東中野でドキュメンタリー映画「世界でいちばん美しい村」(監督・撮影、石川梵、ナレーター・倍賞千恵子)を観てきました。

 2015年4月25日に発生し、約9000人が亡くなったネパール大地震の震源地となったヒマラヤ山岳地帯の村の被災後を追った作品。

 現地取材でこそ伝えられる村の現状は壊滅状態。いつ地すべりでの2次災害が起きてもおかしくない状態。近くの村には避難キャンプができ、 識者たちは村人に移住を勧告しますが、村の老人たちは腰を上げようとしません。その理由には「先祖から受け継いだ地だ」という土着の信仰の基づく精神的要素と「畑を手放しては食べていく手段がなくなる」という物質的要素の両面があるわけです。

 

 観ながら否が応にも想起させられたのが2011年の3・11であることは私だけではないでしょう。原子力災害により、移住を迫られながらも拒み続けた福島県在住の高齢者たちと重ね合わさずにはいられませんでした。

 上映後には撮影を敢行した石川梵さんが登壇。エンドロールを担当した花巻市出身の2人組「はなおと」さんのミニ生ライブもありました。

 災害は地球上どこに住んでいても起こりうる。その時、人間は災害とどう向かい合うべきかを考えさせられました。是非お勧めしたい作品です。

https://himalaya-laprak.com/

Photo_3

2017年7月 4日 (火)

立大隊、ヒマラヤに挑む

 1936年(昭和11年)、日本初のヒマラヤ遠征でインドの秘峰、ナンダ・コート(6867m)に初登頂した立教大が今秋、山岳OBを中心とした5人で同峰に挑みます。

Photo

 

 4日、東京・池袋の同校で、隊長となる登山家の大蔵喜福さん(66)ほかメンバーが記者会見した後、チャペルで壮行礼拝、記録映画「ヒマラヤの聖峰 ナンダ・コット征服」の上映会、 アルピニスト・野口健さんの激励講演会が行われました。

Img_56231

 

 昭和11年は二・二六事件が起き、戦時色が濃くなっていった年。立教大の快挙は、戦争へと突き進む時代の中で忘れ去られてしまったのです。

 今秋の遠征隊は、当時の登山隊が登頂を記念して頂上に埋めてきたと伝えられている旗を探してきます。登頂するのも大変ですが、果たして見つけ出すことができるでしょうか。

 校内には81年前の遠征隊が使用した天幕も展示されました。野口健さんには、壮行レセプションにもご参加いただきました。死と背中合わせになるヒマラヤ登山になぜ挑むのか。周囲をどうすれば説得できるのか。自身の経験を踏まえての講演のお話は素晴らしかったです。現役の山岳部員たちは大きな刺激を得たようでした。

Img_56101

2017年6月 1日 (木)

「集団就職 高度成長期を支えた金の卵たち」

  2日付のスポーツ報知BOOKセレクトの新刊レビューでノンフィクション作家・澤宮優さんの新刊「集団就職 高度経済成長を支えた金の卵たち」(弦書房、2160円)をご紹介させて頂きました。

Photo

 

  NHK連続テレビ小説「ひよっこ」でも題材となっている高度成長期の集団就職。澤宮さんは、経験者たちへの聞き書きで、その知られざる一面に光を当てることで、暗いイメージがある集団就職について新たな視点を見出しています。スポーツノンフィションでも、光が当たらない選手を描く澤宮さんの手法が生かされている硬派なさ作品です。

 考えさせられたのは憲法22条1項で保障されている「職業選択の自由」の意味です。適職探しが当たり前となっている現代社会の仕事選びが、果たして本当に正しいと言い切れるのでしょうか。逆に高度成長期をとっくに終え、低成長期の中で暮らす私たちが見落としてしまっていることはないでしょうか。

  第7章で澤宮さんがつづっているこの一文に私は深く共感しました。

 「今の社会は即効性や成果主義を求めているが、そんな時代だからすぐに役立つ資格取得や学びをするだけでなく、働くことの本質を理解することが必要なのだと思う」。

 すぐに役立つ知識や技術は、すぐに役立たなくなる。私はそう思っています。

2017年5月21日 (日)

「安倍三代」

  共同通信出身のジャーナリスト、青木理さんの「安倍三代」(朝日新聞社)を読みました。安倍晋三首相の母方の祖父が、岸信介元首相であることはよく知られていますが、父方の祖父、安倍寛も衆院議員を務めた政治家であったことはあまり語られていません。この本は寛↓晋太郎↓晋三と父方三代を綿密な取材によって辿ることで、安倍首相の人物像を浮かび上がらせたルポルタージュです。

Photo

 

  安倍首相は大いに尊敬している岸信介のことはよく語りますが、安倍寛のことはほとんど語りません。青木さんのこれはなぜなのか、という疑問が出発点となっています。    調べてみれば、安倍寛は大変な苦労人で、権力に抗う反骨の政治家でした。今も地元の山口県では深く尊敬されていることが分かってきます。その政治思想は晋太郎には受け継がれていたことが本書を読めば明かなわけですが、晋三さんの代では断絶してしまい、むしろ真逆の方向に向かっていることが浮き彫りになって来ます。

...

   祖父、父との決定的な違いは、何一つ苦労することなく幼少期、青年期の過ごしたという点でしょう。成蹊小学校に入学して以降は、受験勉強を経験することなく大学を卒業。神戸製鋼に入社したのも、政治家になることを見据えてのもので、機が熟したときに「地盤、看板、カバン」を引き継いだということは言うまでもありません。

 青木さんは小学生時代の同級生から就職先での上司まで幅広く晋三さんを知る人にインタビューをしていますが、総じて言えることは「印象の薄い人物」であったということ。極端に悪くもないけれど、際立って優れたところもない。とくに大学の法学部時代にはほとんど勉強をした形跡がないということは現在の晋三さんを見ると、なるほどと思わざるを得ないわけです。

 なにせ、首相になってからも憲法学の泰斗である芦部信喜博士の名前すら知らなかったことが明らかになっているわけですから。憲法改正を目指そうとしている首相はそのような知識しかない人物なのです。

 救いがあるとすれば、安倍さん自身は勉強やスポーツや何かの活動に打ち込んだ経験がないということは自覚しているであろうという点でしょう。しかし、リーダーとして本当にふさわいい器なのだろうか。単なる罵詈(ばり)雑言ではなく、生い立ちから取材によって、浮かび上がらせた安倍晋三という人物像を見ると、やはり疑問に感じざるを得ないわけです。

 法務大臣でさえ、きちんと説明ができない共謀罪について安倍さんがちゃんと理解しているとは到底思えない。安倍政権と安倍首相に少しでも疑問を感じている方には是非とも一読をお勧めしたいルポルタージュです。

2017年5月14日 (日)

「在日の涙ー間違いだらけの日韓関係」

 韓国・北朝鮮問題のコメンテーターとして、いつも私がお知恵を借りているコリア・レポート編集長、辺真一さんの「在日の涙―間違いだらけの日韓関係」(飛鳥新社)をスポーツ報知のBOOKセレクト新刊レビューで紹介させて頂きました。

Photo

 

 朝鮮半島情勢の専門家としてメディアで活躍する辺さんは在日コリアン二世のジャーナリスト。本書の冒頭では在日二世として、当時でいう「朝鮮部落」で育った生い立ちを語っています。そして後半は日韓関係改善への提言。

 北朝鮮にも、韓国にもくみしない是々非々の価値観は在日という立場で取材する中で培われたことが、伝わって来ました。「韓国人の誤りを正し、日本人の誤解を解く」ことが本書の狙いです。

 非常にバランスのとれた日韓論であり、終章の「対北外交進展こそ韓国を黙らせる薬」という意見などは、私もまったくその通りだと思うのですが、アマゾンのレビューなどを見ると、ろくに読んだとは思えない人たちの低評価がたくさん付けられてしまっているのが残念です。

2017年5月13日 (土)

朝赤龍関、お疲れ様でした。

元関脇の朝赤龍が引退。年寄「錦島」を襲名しました。

 写真は2003年3月22日。春場所中の朝稽古後に毎日新聞カメラマンの松田嘉徳さんが撮ってくれたものです。

Photo

 なぜ私が坊主刈にしているかと言えば、この数日前、高砂部屋の序ノ口力士と私ではどちらが強いかという話になり、三本勝負を行っていました。負けたほうが頭を丸めるという約束だったので、序ノ口力士には引退がかかった勝負となりました。向こうは本気で来るので、全く歯が立たず、3本とも完敗でした。その時の行司・勝負審判が朝赤龍。

 物静かで、非常にインテリジェンスを感じる人物です。ある日、算数の難問を私に出題してきて、全く解けないことがありました。悔しいので本屋さんで中学入試の算数問題集を買って来て、つるかめ算か何かの問題を逆に出題してやったことがあるのですが、なんとスラスラ解かれてしまったのです。これには驚きました。

 頭脳明晰は親方として今後も活躍されるでしょう。長い現役生活、お疲れ様でした。

2017年5月 9日 (火)

「日本ノンフィクション史」

  中公新書の新刊「日本ノンフィクション史」(武田徹著)を読みました。文学史の本は巷にあふれていますが、本格的なルポルタージュやノンフィクションの通史というのは、これまでほとんど目にしたことがありませんでした。

 本書では明治時代以降のノンフィクションの流れを俯瞰しているわけですが、俯瞰するだけの薄っぺらいものではなく「ノンフィクション」という概念についての深く論じられた精神史となっています。力作です。

Photo

 

 日本のルポルタージュの草分けと言われているのは、富国強兵が進められた明治時代に貧困層の暮らしを記録した松原岩五郎の「最暗黒之東京」、横山源之助の「日本之下層社会」などで、ともに岩波文庫になっています。

...

   その後は日中戦争の従軍記などが戦前の「ノンフィクション」に分類されますが、ジャンルとして確立するのは戦後になってからです。週刊誌ジャーナリズムが台頭し「美智子妃の結婚」をすっぱ抜いたのが収監しであったということはこの新書を読んで初めて知りました。ノンフィクションは戦後の国民の「知る権利」の大きく寄与していったのです。また、ノンフィクションの発展には大宅壮一の影響が大きかったことも再認識しました。

 ノンフィクションの定義については、ただ事実を記せば良いかというと、そういうわけでもなく、本書の中で触れられている沢木耕太郎さんや角幡唯介さんの「ノンフィクション」のとらえ方には、深く考えさせられるものがあります。最後はノンフィクションの新分野ともいえる「ケータイ小説」にも触れられ、大宅壮一文庫の活用法まで書かれています。

 ノンフィクション好きな方には絶対にお勧めの骨太な1冊です。そして私自身、古典的ルポ、ノンフィクションの読書が全く足りていないことを思い知らされるのでした。

2017年5月 5日 (金)

「死刑囚 永山則夫の花嫁」

 2月に出版された「死刑囚 永山則夫の花嫁『奇跡』を生んだ461通の往復書簡」(嵯峨仁朗著、柏艪舎)を読みました。

 1968年に起きたピストルによる連続射殺事件で4人の命を奪った永山則夫死刑囚と獄中結婚した女性との往復書簡。1997年の死刑執行から20年経ち、本書でそのほぼ全内容が初公開されています。

Photo_2

 

 相手の女性は当時、米国ネブラスカ州に住んでいた沖縄出身の女性。1980年に永山が獄中で書いて出版した「無知の涙」を読んで、心を奪われ、永山に1通のエアメールを送ったことが、すべての始まりでした。

 手紙の内容は誤字が多いぶん、それだけリアルで、相思相愛の様子が伝わって来ます。当時はまだメールの絵文字などはありませんでしたが、その文体たるや、今ならば絵文字だらけのものになるでしょう。この手紙のやりとりをした男が本当に4人も人を殺したのだろうか、という気持ちにさせられます。

 著者は長く永山事件を取材してきた北海道新聞記者。「死刑囚の花嫁」としてマスコミから好奇の目で追いまわされた女性は、当然にマスコミ嫌いになりましたが、その中でも唯一信頼されていたとのことです。本書の中で詳しい経緯は書かれていませんが、死刑執行から20年という節目で、女性の承諾を得て公開することになったのでしょう。驚くべき貴重な資料のはずですが、ほとんど知られていないと思うので、こちらでご紹介させて頂きました。

 私は約3年前に敬愛するジャーナリスト、堀川恵子さんの「永山則夫 封印された鑑定記録」(岩波書店)を読みました。優れたノンフィクション作品が持ちうる力を感じ、思わず涙が出てきたものです。 数十年間、封印されていた100時間を超える録音テープ入手した堀川さんは、この本で射殺犯の背景にあったものを浮かび上がらせています。掘り起こさなければ永遠に埋もれたままだった事実だと思います。

 嵯峨氏の本を読んで再び衝撃を思い出したわけですが、改めて考えさせられるのは、堀川さんが「封印された精神鑑定記録」のあとがきで書いている以下のことです。

  「日本の司法は、人々が納得する応報的な刑罰を科すことばかりに主眼を置かれ、被告人を事件に向かわせた根本的な問題に向き合ったり、同じ苦悩を抱える人々に示唆を与えるような機能はほとんど果たしていません」

 なぜ、女性は永山に寄り添おうと思ったのか。永山の遺言にしたがって網走沖の海に永山の遺骨を撒いたときにはどんな心境だったのか。死刑制度の是非とともに考えされられました。

甲斐毅彦

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.