ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 岡野俊一郎さんの思い出 | メイン | さようなら時天空 »

2017年2月 5日 (日)

「狂犬」マティス米国務長官の愛読書

Photo

  初来日して安倍さんと会談した「狂犬」マティス米国防長官(66)の愛読書がローマ皇帝マルクス・アウレーリウスの「自省録」だと聞いて「へー」と思いました。私が大学に入学した読んだ2冊目の本が岩波文庫の「自省録」でした。「やる気が出るぞ」と勧めてくれた方がやる気のない方だったのですが、読んでみるとめくるめく心に響く人生訓が散りばめられていました。中国の「菜根譚」と並ぶ世界的名著だと思います。

 反乱の平定のために東奔西走していた哲人皇帝が、孤独な時間に自らの行動を点検し、ストア哲学と照らしつつ瞑想のもとに書き残したもの。私が読んだのは28年も前ですが、ところどころに線を引いています。

 「君の肉体がこの人生にへこたれないのに、魂のほうが先にへこたれるとは恥ずかしいことだ」(P90)

  「名誉を愛する者は自分の幸福は他人の行為の中にあると思い、享楽を愛する者は自分の感情の中にあると思うが、もののわかった人間は自分の行動の中にあると思うのである」(P98)  

 「睡気、暑気、食欲不振。以上のいずれかのために不機嫌になった場合には、自分にこういいきかせるがよい。私は苦痛に降参しているのだ、と」(P117)

 「他人の厚顔無恥に腹の立つとき、ただにに自らに問うて見よ、『世の中に恥知らずの人間が存在しないということがありうるだろうか』と。ありえない。それならばありえぬことを求めるな、その人間は世の中に存在せざるをえない無恥な人々のい一人なのだ」

 など。2000年近くたった現代でも心に響く言葉ばかりです。    マティスさんが、この書物を愛しているのならば、狂犬ではなく高潔な人物のはずなのですが。しばらくは「自省録」と照らし合わせながら観察してみたいと思います。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/34035071

このページへのトラックバック一覧 「狂犬」マティス米国務長官の愛読書:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.