ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 金正男氏殺害 | メイン | 「魂でもいいから、そばにいて」 »

2017年2月28日 (火)

小金井女子大生刺傷事件の判決を聞いて

  東京都小金井市で昨年5月21日、シンガー・ソングライターとして活動していた私立大学生の冨田真由さん(21)をナイフで34回刺し、一時重体とさせたとして殺人未遂罪などに問われた岩埼友宏被告(28)に、東京地裁立川支部は28日、懲役14年6月(求刑17年)を言い渡しました。

 事件発生日、冨田さんが救急搬送された小平市の病院へ取材に行った私は、当初「心肺停止」と伝えられたこともあり、殺人事件だと思っていました。冨田さんには致死量の2000CCを超える出血がありましたが、輸血と2度の緊急手術を受け、一命を取り留めました。蘇生できたのは医師・看護師の必死の対応もあったと思いますが、何よりも冨田さんに「こんなことで負けられない」という生へ意志があったからだと思います。

Photo_4

 

 今まで様々な殺人事件などの凶悪事件の裁判を傍聴して来ましたが、今回ほど辛い気持ちになり、法が正義を実現することの難しさを感じさせられた公判はありませんでした。衝立で冨田さんの姿は隠されていたとはいえ、後遺症が残る瀕死の大けがを負った被害者が、狭い法廷という空間で加害者と居合わせたからだと...思います。

 23日の公判で冨田さんは意見陳述。静まりかえった法廷で、振り絞るような涙声で切り出すまで2分ほどの沈黙がありました。  「犯人は、私の調書を法廷で読み上げてもらっている間、笑っていたようですが、どうして笑うことができるのか。今、私が意見陳述している間も、きっと心の中では笑っていて、反省はしていないと思います。犯人は絶対に同じことをする。また犠牲者になる人が絶対に出る。こんな人を野放しにしてはいけない」と述べたところで、岩埼被告は突然「じゃあ殺せよ!」と怒鳴り声を上げました。

 裁判長から「発言を止めなさい!」と諭されたましたが、冨田さんが「今度こそ私を殺しに来ると思います」と続けたところで今度は「殺さない!」。裁判長から退廷を命ぜられ、両腕を抱えられて退廷しながらも「殺すわけがないだろ!」と二度叫び声を上げました。

 実際の法廷でドラマや映画のようなシーンになることはめったにありません。その「映画のようなシーン」が、被告の身勝手な言動によってなされたということに吐き気を催すほどの嫌悪感を感じました。被害者に消えない傷を負わせた上にさらに心に傷つけるのか、と。

 判決後、冨田さんは代理人弁護士を通じて「17年でも短いと思っていたのに…」とコメントを発表しました。14年6か月後に岩埼被告が出所すれば「今度こそ殺しに来る」と被害者が思うのは当然のことだと思います。

 罪刑法定主義というのは、近代以前に繰り返されてきた「目には目を」的な被害者による加害者への報復が、良い結果をもたらさないことを人類が学んできた中で導き出された原則。自由主義、民主主義両方の観点から根拠があるものです。しかし、法に基づいた判決が被害者を救い切れていないというのも事実です。殺人事件での原状回復は不可能なわけなので当たり前のことですが、今回の事件は被害者が生還できたからこそ、第三者に感じさせるものが大きかったと思います。何よりも冨田さんが勇気を持って出廷し、自らの声で意見陳述をしたことは決して無駄ではなかったのではないでしょうか。

 被害者は、どうすれば救うことができるのか。考えても解決策は見つからないことですが、答えがなくても考え続けなくてはいけないのだと思います。冨田さんが体と心に負われた傷が、これから少しでも消えていくように心から願っています。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/34042342

このページへのトラックバック一覧 小金井女子大生刺傷事件の判決を聞いて:

コメント

罪が軽すぎですーー
最低20年でしょう。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.