ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 教養としてのプロレス | メイン | 那須での雪崩事故の疑問点 »

2017年3月25日 (土)

北斗龍さん、お疲れ様でした。

 現役最古参の序ノ口・北斗龍さん(46)が引退。最終場所となった春場所で4勝3敗と勝ち越して土俵を去りました。1986年春場所が初土俵。私と同い年の力士が昨日まで相撲を取り続けていたというだけで驚きです。北海道から上京し、北の湖部屋創設と同時に入門した31年間の土俵人生、お疲れ様でした。

Photo

 

 2014年の春場所後には糖尿病の影響で左足親指を切断。入院していた同愛病院へ私が見舞いに行った時には切断した患部に包帯を巻いて車椅子に乗っていたので「ついに引退か」と確信したのですが、その年の秋場所から土俵に上がっていると聞いたときには本当に驚きました。

 私が北斗龍さんを記事に書いたのは自分が新人記者だった1996年夏場所の5月22日。幕下以下の力士にスポットを当てる北海道版「北のやぐら太鼓」で取り上げさせて頂きました。当時私も彼もまだ25歳でしたが、記事にはすでに「ベテラン」「糖尿病とも闘っている」と書かれていました(笑)。あれから21年も取り続けた北斗龍さん。第二の人生も味わい深いものとしていってください。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/34050425

このページへのトラックバック一覧 北斗龍さん、お疲れ様でした。:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.