ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 「魂でもいいから、そばにいて」 | メイン | 教養としてのプロレス »

2017年3月17日 (金)

ドキュメンタリー映画「新地町の漁師たち」

ポレポレ東中野で上映中のドキュメンタリー映画「新地町の漁師たち」(山田徹監督)を観て来ました。 

 東日本大震災で被災し、原発事故による放射能汚染水の排出に悩まされる福島県新地町の漁師たちを、3年半記録したドキュメンタリー作品です。

Photo

 

 映像作家の山田さんが新地町でカメラを回し始めたのは震災から3か月の2011年6月から。震災の取材対象となる町を探しているときに詩人の和合亮一さんがツイッターに綴った新地町の被災状況を知り、人口8251人の小さな猟師町の人々を被写体とすることを決めたそうです。漁師という家業と暮らしぶり、漁業組合、地下水バイパスで汚染水を垂れ流そうとする東電との闘いを町の伝統祭、安波祭を柱に描いています。

 やはり一番賛辞を送りたいのは、3年半にも渡って、被災した一つの小さい町を取り続けたという点です。エンディングでは震災よりもはるか前の1983年の安波祭の様子が映されます。海の中で御輿を担ぐ男たち。そして最後は、御輿を担ぐ男たちの映像がかぶせるように2016年の安波祭のものにスイッチします。これはプロの映像作家だからこそなせる技術でしょう。

 鑑賞した14日には監督の山田さんも会場にいらしていたので「すばらしい作品でした」とお声掛けさせていただきました。

https://www.yamadatoru.com/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/34048871

このページへのトラックバック一覧 ドキュメンタリー映画「新地町の漁師たち」:

コメント

 山田さん、ご丁寧にありがとうございます!

 私はドキュメンタリー映画ファンですが、こういう映像作品こそ多くの方々に観て欲しいと思っています。益々のご活躍をお祈りしています。

甲斐 拝

甲斐さま
この度は映画の記事を書いていただき誠にありがとうございます。
長い制作期間でしたが、こうして作品を残すことができて、自分の人生における財産となりました。今後とも宜しくお願いいたします。
山田徹 拝

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.