ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 佳桜忌 2017年 | メイン | 極夜探検報告会 »

2017年4月18日 (火)

ともにがんばりましょう

 「罪の声」で本屋大賞3位となった塩田武士さんの「ともにがんばりましょう」(講談社文庫)を読みました。これは傑作です! 巻末の角田龍平弁護士による「解説」もまた秀逸。

 地方新聞社の労使交渉を題材にした労働組合小説。新聞労組の話をエンタメ小説にしてしまうとは。塩田さん自身が、神戸新聞記者時代に労組の執行委員を務めていた経験が投影されていることは明らかですが、さらに高校漫才師時代の笑いのセンスが織り交ぜられています。

Photo_2

 

 実は私自身が現在、労組の執行委員を務めているのですが、労使交渉でのやりとりの描き方があまりにリアルで、自分自身の経験と重なり合い、一人で大受けしてしまいました。これは一人で読むのはもったいない。新聞労連の必読書とし、我が報知労組でも新任の執行委員のテキストにしていくべきだと思いました。労働組合の仕組みもよく分かるようになっているのです。

 そしてインターネット時代における新聞業界の状況や記者という職業の悲喜こもごもが余すところなく描かれています。

 末端で張り込みや聞き込み取材をしている駆け出し記者も、新聞業界の偉い方々も皆に薦めたい一冊です。

 皆で読んで、笑って、そして、ともにがんばりましょう。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/34055909

このページへのトラックバック一覧 ともにがんばりましょう:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.