ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« ともにがんばりましょう | メイン | 「週刊文春」編集長の仕事術 »

2017年4月28日 (金)

極夜探検報告会

 文藝春秋のホールで開かれた探険家・ノンフィクション作家、角幡唯介さんの極夜探検報告会に行ってきました。

 角幡さんは昨年12月から今年2月までの80日間、太陽が昇らない北極圏を単独で探検。2015年には在留資格の不備で撤退を余儀なくされてのリベンジ探検でした。貴重な動画を使っての報告はまさに壮絶そのもの。私の想像力をはるかに超えるものでした。

Photo

 

 GPSを用いないのが角幡さんの探検流儀ですが、自身の位置をする唯一の手段として持参した六分儀はブリザードで吹き飛ばされ、デポした食糧はシロクマに食い荒らされと苦難の連続でも探検を続行。

 パートナーとして同行させた犬のドッグフードを減らすための妙案は、お食事前の方もいると思うのでここでは避けたほうがいいと思いますが、徐々に食糧が尽きてきて、パートナーの犬を食うべきかというところまで追い込まれたという話はあまりにリアルでした。そして80日ぶりに太陽を見たときの言葉にならぬ歓喜。画像を見ているだけでの者にもその感動が伝わってきました。

Photo_2

 

 極夜探検レポートは今夏から文春のWEBサイトで始まるそうです。角幡さんの筆力で、この探検をどのように表現するのか。今から待ち遠しいです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/34057812

このページへのトラックバック一覧 極夜探検報告会:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.