ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 基本ラーメン700選(44)「はやし」 | メイン | ともにがんばりましょう »

2017年4月 8日 (土)

佳桜忌 2017年

1986年4月8日

 31年前の今日は、大ファンだった岡田有希子さんが天国へ旅立った日でした。私にとっては高校入学式の前日。中野区の自宅で第一報を聞いたのは午後1時のNHKラジオニュースでした。「岡田有希子さんが飛び降り自殺をしました」という無機質で、淡々としたアナウンサーの声を聞いて受けた衝撃は一生忘れることはできないでしょう。現実感は全くありませんでしたが、テレビをつけたらワイドショーで大騒ぎ。全身が砂になるような感覚とでも言いましょうか。放心状態となり、しばらく身動きもできませんでした。

Photo

 

 我に帰ると、中野の自宅を飛び出し、ママチャリをこいで四ッ谷の現場に向かいました。午後4時ごろ、現場につくとすでに多くのファンや報道関係者でごった返していました。泣き崩れてアスファルトに頬ずりする若者たち。私はその時は涙は出ませんでしたが、ヘタヘタと座り込み、日が暮れるまで佇んでいました。そして一人で自転車をこいで帰りながら涙がこぼれてきました。

...

   当時のワイドショー、週刊誌はこの話題で持ちきり。そして、残念なことに若者の後追い自殺が相次ぎ、社会問題となってしまいました。    私の場合は後追いしようとまでは思わなかったけど、やはり喪失感は大きく、高校入学後もしばらく放心状態が続きました。

 ユッコちゃんには芸能界入りを反対する両親を説得するために「①学校のテストで学年1番になること、②中部統一試験で学内5番以内になること、③第一志望の高校に合格すること」の3つの条件をクリアしたというエピソードがありました。ひたむきな努力で夢を叶えていくという女性でした。

     毎年、ファンの間で佳桜忌と呼ばれるこの日は四谷4丁目には、80人ぐらいのファンが集まってきます。

 最近はもう女性タレントにはほとんど関心がなくなりましたが、中学生の時に熱烈なファンだったユッコちゃんだけは忘れることができません。 私が中学2年生だった1984年、デビューまもない彼女からよみうりランドでもらったサイン色紙が、今でも宝物として部屋に飾っています。レコード、アルバムはすべて持っていますし、当時の雑誌なども捨てられないまま残してあります。

Photo_2

 あの日からもう31年が経ってしまいました。毎年この日は「ユッコちゃんのぶんまで頑張って生きる」と誓ったときのことを思い出し、一人のファンとして、健康に暮らしていることを報告することにしています。

Photo_3

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/34053984

このページへのトラックバック一覧 佳桜忌 2017年:

コメント

今年も四谷行けなかったけど
今年はどんな感じだったのか気になって
検索してました。報告記事アップありがとうございます

I was only 2 when she passed away. I did not know Okada Yukiko until yesterday. I read her life story and realised today is her 31st remembrance day. Such a beautiful and talented lady, RIP Yukiko san.

>第一志望の愛知県立の高校

名古屋市立ですよ。名古屋市立向陽高校。修正されてはいかがでしょうか。

四谷4丁目交差点へ追悼に行ってきました。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.