ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 「日本ノンフィクション史」 | メイン | 「在日の涙ー間違いだらけの日韓関係」 »

2017年5月13日 (土)

朝赤龍関、お疲れ様でした。

元関脇の朝赤龍が引退。年寄「錦島」を襲名しました。

 写真は2003年3月22日。春場所中の朝稽古後に毎日新聞カメラマンの松田嘉徳さんが撮ってくれたものです。

Photo

 なぜ私が坊主刈にしているかと言えば、この数日前、高砂部屋の序ノ口力士と私ではどちらが強いかという話になり、三本勝負を行っていました。負けたほうが頭を丸めるという約束だったので、序ノ口力士には引退がかかった勝負となりました。向こうは本気で来るので、全く歯が立たず、3本とも完敗でした。その時の行司・勝負審判が朝赤龍。

 物静かで、非常にインテリジェンスを感じる人物です。ある日、算数の難問を私に出題してきて、全く解けないことがありました。悔しいので本屋さんで中学入試の算数問題集を買って来て、つるかめ算か何かの問題を逆に出題してやったことがあるのですが、なんとスラスラ解かれてしまったのです。これには驚きました。

 頭脳明晰は親方として今後も活躍されるでしょう。長い現役生活、お疲れ様でした。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/34060416

このページへのトラックバック一覧 朝赤龍関、お疲れ様でした。:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.