ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 2017年9月 | メイン | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月31日 (火)

「Black Box」を読んで

 元TBS記者、山口敬之氏による性的暴行被害を告発したジャーナリスト・伊藤詩織さんの「Black Box」(文芸春秋)を読みました。一人の被害者としての告発本ではなく、諸外国と日本の性犯罪への認識や対策への取り組みの違いを考察した上での問題提起がなされており、ノンフィクション作品として読むべき一冊です。


 司法記者クラブで、記者会見を開くまでには、私も敬愛するジャーナリストの清水潔さんからのアドバイスを受けていたことは、本書を読んで初めて知りました。伊藤さんは、清水さんのアドバイスを聞きながらも、会見では自分なりのスタイルを貫きました。並々ならぬ決意をもって表に出てきたことが伝わって来ました。


 山口さんは雑誌に反論を載せて、自己弁護をされていますが、比べてみればどちらが真実を語っているかは明確です。ジャーナリストであるならば、レイプ事件についての日本国内での認識・対策の後進性にこそ問題意識を持つべきなのに、司法判断を拠り所として自己弁護に終始している山口さんの姿勢には疑問を感じざるを得ません。

Black_box

2017年10月23日 (月)

「新聞記者」(角川新書)

 官邸会見で菅義偉官房長官を質問攻めにして、手こずらせることで 有名になった東京新聞の望月衣朔子記者の著書「新聞記者」(角川新書)を読了。記者魂を具現したかのような熱い思いが伝わり、本を閉じた時には拍手を送りたい気持ちになりました。

 文字通り新聞記者が書いたものだけに、話は非常に具体的で、ほとんどの人物が実名で登場します。本題ではないですが、お子さんを預けたという子育てサポートの女性は、私の自宅にも訪問したことがある方でちょっとびっくり

 一般紙の政治部だろうと社会部だろうと、スポーツ紙だろうと、フリーだろうと記者がやるべきことは、それぞれの立ち位置でできることを全力で取材して、知られざる事実を掘り起こすということ。それはとてつもなく骨の折れることですが、成果が出た時の喜びは、かけがえのないものです。私も記者の端くれになって22年目ですが、原点を思い出しました。

  これも余談ですが、前日まで私が取材に追われていた山尾志桜里さんは、初代「アニー」を演じたことが有名。なんと望月さんも幼少の頃、演劇をやっていらして「アニー」を演じられたとのこと。アニーには「質問力」を高める力があるのでしょうか。

Photo

 山尾氏、深夜の勝利

 愛知7区、無所属で出馬した山尾志桜里さんの当確をNHKが出したのは午前0時46分。自民党・鈴木淳司氏とは834票差の大接戦でした。不倫疑惑の真相は私には分かりませんが、無所属でこれだけの人に応援される人間力には凄まじいものを感じました。有権者の信託を得た以上、国会でしっかり安倍首相と対峙していただきたいと思います。選挙戦の模様は23日付のスポーツ報知でお伝えします。

Img_6055

2017年10月14日 (土)

「矢内原忠雄 戦争と知識人の使命」を読む

 今年6月に出版された岩波新書の「矢内原忠雄 戦争と知識人の使命」(赤江達也著)を読みました。矢内原は、東大総長を務めたキリスト教知識人。戦前、盧溝橋事件(1937年)を契機に中国との戦争になだれ込んだイケイケムードの時節に反戦を訴えた人物です。

 なぜ、この本を読もうと思ったか。矢内原が、在野のキリスト者として無教会主義を唱えた内村鑑三の門下生であったことに興味を持ったからです。

 もう27年も前のことですが、私が立教大の学生時代、宗教に関心があったことから鈴木範久先生の「宗教学」の講義をとりました。講義は親鸞聖人の「歎異抄」がテーマだったのですが、鈴木先生の専門は内村鑑三の研究でした。教派主義に異議を唱えた内村が提唱した「無教会主義」を、私は宗派や教会を超えたものであるべきという意味にとらえ、共感していたのですが、その後「無教会主義」がどのように受け継がれていったのかについては、全く知識がありませんでした。

Photo

 この本を読んでまず感じたのは、軍国主義が強まり、日本のほとんどの宗教家が治安維持法での検挙を恐れて「反戦」の声を潜めてしまった中で、矢内原忠雄は本物の宗教家であったのではないかということ。ですが、この本はその「良心的知識人」という側面を賛美しているわけではなく、さらに矢内原自身が「キリスト教的な意味での『神の国』の到来を国民に告げる預言者だと考えていた」という、あまり知られていない側面にも光を当てた評伝になっています。

甲斐毅彦

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.