ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 「新聞記者」(角川新書) | メイン | 映画「禅と骨」 »

2017年10月31日 (火)

「Black Box」を読んで

 元TBS記者、山口敬之氏による性的暴行被害を告発したジャーナリスト・伊藤詩織さんの「Black Box」(文芸春秋)を読みました。一人の被害者としての告発本ではなく、諸外国と日本の性犯罪への認識や対策への取り組みの違いを考察した上での問題提起がなされており、ノンフィクション作品として読むべき一冊です。


 司法記者クラブで、記者会見を開くまでには、私も敬愛するジャーナリストの清水潔さんからのアドバイスを受けていたことは、本書を読んで初めて知りました。伊藤さんは、清水さんのアドバイスを聞きながらも、会見では自分なりのスタイルを貫きました。並々ならぬ決意をもって表に出てきたことが伝わって来ました。


 山口さんは雑誌に反論を載せて、自己弁護をされていますが、比べてみればどちらが真実を語っているかは明確です。ジャーナリストであるならば、レイプ事件についての日本国内での認識・対策の後進性にこそ問題意識を持つべきなのに、司法判断を拠り所として自己弁護に終始している山口さんの姿勢には疑問を感じざるを得ません。

Black_box

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/34090618

このページへのトラックバック一覧 「Black Box」を読んで:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.