ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

«  山尾氏、深夜の勝利 | メイン | 「Black Box」を読んで »

2017年10月23日 (月)

「新聞記者」(角川新書)

 官邸会見で菅義偉官房長官を質問攻めにして、手こずらせることで 有名になった東京新聞の望月衣朔子記者の著書「新聞記者」(角川新書)を読了。記者魂を具現したかのような熱い思いが伝わり、本を閉じた時には拍手を送りたい気持ちになりました。

 文字通り新聞記者が書いたものだけに、話は非常に具体的で、ほとんどの人物が実名で登場します。本題ではないですが、お子さんを預けたという子育てサポートの女性は、私の自宅にも訪問したことがある方でちょっとびっくり

 一般紙の政治部だろうと社会部だろうと、スポーツ紙だろうと、フリーだろうと記者がやるべきことは、それぞれの立ち位置でできることを全力で取材して、知られざる事実を掘り起こすということ。それはとてつもなく骨の折れることですが、成果が出た時の喜びは、かけがえのないものです。私も記者の端くれになって22年目ですが、原点を思い出しました。

  これも余談ですが、前日まで私が取材に追われていた山尾志桜里さんは、初代「アニー」を演じたことが有名。なんと望月さんも幼少の頃、演劇をやっていらして「アニー」を演じられたとのこと。アニーには「質問力」を高める力があるのでしょうか。

Photo

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/34089276

このページへのトラックバック一覧 「新聞記者」(角川新書):

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.