ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 映画「禅と骨」 | メイン | 「だから、居場所が欲しかった。」を読んで »

2017年11月 8日 (水)

「世界をゆるがした十日間」

 昨日11月7日は、世界で初めての社会主義国家が誕生したロシア革命100周年でした。

 新聞記者を目指していた学生時代に勧められて読んだのは、革命の現場を克明に綴ったルポルタージュ「世界をゆるがした十日間」(岩波文庫)。ペトログラードでレーニン率いるボリシェヴィキが帝政を武力制圧する過程を目撃した米国の特派員、ジョン・リードによる古典的ルポです。後に英語でも読みました。

Photo_6

 

 ソ連はこの70年後に崩壊してしまうわけですが、このようなルポがあるからこそ、100年前の人々が「富が公平に分配される社会」を目指していたことが伝わって来ます。日々、人の揚げ足をとって、世間の話題づくりをするのも、それはそれで世相を炙り出すことで意味があると思いますが、本当のジャーナリズムの仕事というのは、歴史的事件を克明に記録していくことではないかと、このような古典を振り返ると改めて感じます。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/34091869

このページへのトラックバック一覧 「世界をゆるがした十日間」:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.