ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 「世界をゆるがした十日間」 | メイン | 「親鸞 大いなるみ手に抱かれて」 »

2017年11月26日 (日)

「だから、居場所が欲しかった。」を読んで

フィリピン・マニラを拠点とするノンフィクションライター、水谷竹秀さんの新作ルポ「だから、居場所が欲しかった。バンコク、コールセンターで働く日本人」(集英社)を読みました。

 舞台はタイの首都バンコクの高層ビル街にある日本企業のコールセンター。人件費などの経費節減のため移転し、日本からかかってくる通信販売の注文の対応をしているオペレーターたちは、タイ人ではなく、日本に息苦しさを感じて脱出して来た日本人たち。商品の注文をしている人たちは、まさか電話がタイにかかっていることは知らないでしょう。水谷さんは5年を要した丹念な取材で、オペレーターとして働いている彼らからそれぞれの背景を聞き出します。

Photo

 

 非正規での勤務経験しかない30代の男性や借金苦から一家で夜逃げした男性…。息苦しい日本を離れて、彼らが求めた「居場所」は意外なところでした。

 水谷さんは2011年に「日本を捨てた男たち フィリピンに生きる『困窮邦人』(集英社)で開高健賞を受賞。その後も日本を脱出してフィリピンに「居場所」を求めた「脱出老人 フィリピン移住に最後の人生を賭ける日本人たち」(小学館)という傑作ルポを発表しています。一貫しているのは、いずれも日本国内にいては、見えてこない現代日本のひずみを見事に描き出しているという点だと思います。

 1990年代にバックパッカーとして東南アジアをウロウロしていた私にとってもタイは思い出深い地ですが、このような視点で描かれた秀作ルポの舞台になるとは、まったく想像力が及びませんでした。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/34094781

このページへのトラックバック一覧 「だから、居場所が欲しかった。」を読んで:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.