ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 「Black Box」を読んで | メイン | 「世界をゆるがした十日間」 »

2017年11月 5日 (日)

映画「禅と骨」

 遅くなりましたが、ポレポレ東中野で公開中のドキュメンタリー映画「禅と骨」を観てきました。監督は傑作「ヨコハマメリー」の中村高寛さんなので、期待して行ったわけですが、期待を超える素晴らしい作品でした。


 主人公は1918年に横浜で生まれた日系米国人の禅僧・ヘンリ・ミトワ。晩年の彼を撮り続けた作品ですが、作品中には若い頃のヘンリを描く劇映画が挿入され、さらにはアニメも加えた多層的な作りになっています。虚構も交えて描き出した人物像は、枯淡の境地に達した禅僧のイメージとはほど遠く、一筋縄でいかない人間臭さを感じさせるものでした。

Photo


 

 青年期を過ごした日本では、特高刑事からスパイ容疑をかけられ、渡米後には日系人収容所で過ごしたヘンリの人生は、まさに運命に翻弄され、常に「他者」としてみなされて来たと言えます。そして禅の道に進み、茶道や陶芸で才能を発揮していくのですが、これほどまでに波乱万丈な一代記はなかなかないでしょう。


 後半では、病で倒れ、衰えていくヘンリが、ドキュメンタリーの撮影を拒み、取材者とぶつかる場面があります。最も悲哀を感じさせるところですが、中村さんはここをしっかり伝えてこそ人物像が浮き彫りになると思ったのでしょう。ドキュメンタリストの魂を感じさせる場面でした。


 私がもう一つ、印象に残ったのは、ヘンリが作家の水上勉を慕っていたということ。水上勉は10歳の時に京都の禅寺の徒弟となり、僧籍にあったことが知られています。その代表作は室町時代の破戒僧の伝記文学「一休」です。


 ヘンリの波乱万丈、壮絶な人生を映像で追いながら、私は風狂の精神に生きた一休禅師とヘンリを重ね合わせて観ていました。禅僧でありながらも、奔放で、奇行を繰り返しながらも、その生涯そのものが作品であるかのような人生。ずっと心に残っていきそうなドキュメンタリーでした。

http://www.transformer.co.jp/m/zenandbones/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/34091268

このページへのトラックバック一覧 映画「禅と骨」:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.