ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

2017年2月12日 (日)

「沈黙ーサイレンスー」の原作を読んで

カトリック信徒の作家・故遠藤周作の代表作「沈黙」(1966年)は、ユーモラスな狐狸庵先生とマンボウ先生の対談などを愛読していた高校時代に読みましたが、映画化の影響で現在は文庫本の売上ナンバー1になっているとのことで、読み返してみました。

島原の乱後の切支丹弾圧が題材。日本へ潜入したポルトガル人の若い司祭が、捕らえられて棄教するまでの内面を描いた宗教文学です。

もう30年前なので詳細は忘れていましたが、司祭が踏み絵を迫られ、棄教するシーンだけはしっかり覚えていました。

Photo

 次々と殉教者が出ても「沈黙」し続けていたあの人(イエス)の声が、司祭の耳に届きます。

 「踏むがいい。お前の足の痛さをこの私が一番よく知っている。踏むがいい。私はお前たちに踏まれるため、この世に生まれ、お前たちの痛さを分かつため十字架を背負ったのだ」と。

 私自身は中学時代にプロテスタントの塾の先生にお世話になり、聖公会の大学に通い、そしてカトリックの妻と結婚したわけですが、度々聖書に触れ、共感しながらも結局はクリスチャンにはなりませんでした。 そんな私でもこの本を読んで考えさせられるのは、人間にとって信仰とは何か。また、価値観の異なる人とどう向いあうべきかということでした。

 作品の中では切支丹でありながら、弾圧に負けてあっけなく棄教し、役人に司祭の居場所を密告してしまうキチジローという男が出てくるのですが、遠藤さんはこの醜いはずの男までも愛情をもって描いています。遠藤さん自身は旧制灘中学を卒業して慶応大に進みますが、なんと3浪の末。エリートの中の「落ちこぼれ」という意識がご本人にあったことが反映されているのだと思いますが、作品の中では「ダメな人間」へのやさしい眼差しを感じることができます。

 思えば私が立教大2年生のときに、遠藤さんが講演にいらっしゃいました。「偏差値教育の無意味さ、入学試験のバカバカしさ」をテーマにお話されていましたが、その時の話と作品が今になってつながったように感じられます。

2017年2月 7日 (火)

さようなら時天空

天空 東京・両国の回向院で営まれた時天空関の葬儀に一般参列者として行って参りました。元気だった頃の写真や化粧まわしを見ると、やはりこみ上げてくるものがありました。

Photo_2


 

 私がモンゴルでお世話になった喪主のお父様とは14年ぶりにお目にかかりましたが、まさかこんな形でお目にかかるとは思いま せんでした。
 同部屋の豊ノ島関の声を詰まらせながらの弔辞は思いが伝わってくるものでした。「いつかまた一緒に相撲を取ろう」と。

Photo_3


 なかなか実感が沸きませんでしたが、遠い天空へと旅立って行ってしまったんだなあ。
あなたの強さと優しさはいつまでも忘れません。

Photo_4

2017年2月 5日 (日)

「狂犬」マティス米国務長官の愛読書

Photo

  初来日して安倍さんと会談した「狂犬」マティス米国防長官(66)の愛読書がローマ皇帝マルクス・アウレーリウスの「自省録」だと聞いて「へー」と思いました。私が大学に入学した読んだ2冊目の本が岩波文庫の「自省録」でした。「やる気が出るぞ」と勧めてくれた方がやる気のない方だったのですが、読んでみるとめくるめく心に響く人生訓が散りばめられていました。中国の「菜根譚」と並ぶ世界的名著だと思います。

 反乱の平定のために東奔西走していた哲人皇帝が、孤独な時間に自らの行動を点検し、ストア哲学と照らしつつ瞑想のもとに書き残したもの。私が読んだのは28年も前ですが、ところどころに線を引いています。

 「君の肉体がこの人生にへこたれないのに、魂のほうが先にへこたれるとは恥ずかしいことだ」(P90)

  「名誉を愛する者は自分の幸福は他人の行為の中にあると思い、享楽を愛する者は自分の感情の中にあると思うが、もののわかった人間は自分の行動の中にあると思うのである」(P98)  

 「睡気、暑気、食欲不振。以上のいずれかのために不機嫌になった場合には、自分にこういいきかせるがよい。私は苦痛に降参しているのだ、と」(P117)

 「他人の厚顔無恥に腹の立つとき、ただにに自らに問うて見よ、『世の中に恥知らずの人間が存在しないということがありうるだろうか』と。ありえない。それならばありえぬことを求めるな、その人間は世の中に存在せざるをえない無恥な人々のい一人なのだ」

 など。2000年近くたった現代でも心に響く言葉ばかりです。    マティスさんが、この書物を愛しているのならば、狂犬ではなく高潔な人物のはずなのですが。しばらくは「自省録」と照らし合わせながら観察してみたいと思います。

2017年2月 4日 (土)

岡野俊一郎さんの思い出

 元日本サッカー協会長の岡野俊一郎さんが2日、肺がんのため、東京都内の病院で85歳で亡くなりました。

 東大卒のインテリでご実家は上野の老舗和菓子屋さん。私はFW三浦知良選手の取材でクロアチア・ザグレブにいたときにザグレブのインターコンチネンタルホテルで、岡野会長とコーヒーを飲みながらお話を伺った思い出があります。1999年3月12日のことでした。
 
 当時のカズさんは、前年のフランスW杯でまさかの代表落ち。傷心のまま向かった新天地がザグレブでした。現役選手としての情熱を燃やすカズさんに対して、岡野さんは直接激励の言葉をかけたい気持ちが強いようでした。18年も前のことですが、淡々とした言葉でカズさんを気遣っていた岡野さんのことは今でもよく覚えています。

Photo

2017年1月22日 (日)

祝・稀勢の里、初優勝!

祝・稀勢の里、初優勝!

 私が彼を取材したのは新弟子時代から新三役となった2006年名古屋場所まで。貴乃花以来の和製大器と期待され続けて、あれから10年以上が過ぎ、悲願の初優勝は感動的でした。

 最初に彼を大きく取り上げたのは2004年春場所9日目。東幕下筆頭・萩原(17)が勝ち越しを決めて、貴乃花の17歳2か月に次ぐ史上2位の17歳9か月での十両昇進を決めた取組でした。

Photo

 

 師匠の故・鳴戸親方(元横綱・隆の里)が「入門当初から大地をかみしめる天狗の団扇のような足に素質を感じていた」としみじみ話していたのを思い出します。

 この頃から本人は口数が少なかったのですが、中学時代の野球部や体育祭、合唱コンクールで指揮者をやっている写真などを入手して紙面で紹介させてもらいました。

 当時も今もなかなかマスコミ向きのサービスはしてくれないのですが「土俵で全てを語る」という姿勢が私は好きです。優勝決定後に見せた一筋の涙がすべてを物語っていました。言葉はいりません。

2017年1月18日 (水)

小池都知事が十文字高イレブンを激励

  今日は東京都庁で小池百合子知事(64)を取材。全日本高校女子サッカー選手権決勝(1月8日)で初優勝を決めた東京都代表の十文字高校の選手たちが表敬訪問に訪れました。

Img_32981

 

 

 全国大会で東京勢が優勝したのは25回目の今回が初めて。高校の所在地は豊島区で、小池さんの地元でもあります。決勝の大商学園(大阪代表)戦で決勝ゴールを決めて、1―0の勝利に導いた3年生のFW村上真帆主将は「3年間、全国制覇を目指して来ました。しかしこれに満足せず、2020年東京五輪でメンバー入りして活躍できるように頑張って参ります」と小池さんの前で宣言しました。  小池さんは「本当におめでとうございます。(決勝は)テレビで拝見していました。鮮やかなミドルシュートでした。皆さんは高校生。2020年に向けてまさにぴったりの選手たち。これからも日本の女子サッカーをリードするチームであって下さい」と激励。村上主将にサイン入りのサッカーボールを手渡していました。

Img_3279

2017年1月15日 (日)

基本ラーメン700選(43)池袋「六感堂」

東池袋の人気店「麺屋六感堂」(東京都豊島区東池袋2-57-2)へ。塩グリーン素麺(550円)。安くて、うまくて、健康的なものを池袋で食べたければ、お洒落なこのお店で素麺を食べることをお薦めします。化学調味料の味がまったくしません。

Photo

2017年1月 9日 (月)

「五〇年目の日韓つながり直し」

「父・金正日と私 金正男独占告白」の著者で、東京新聞編集員の五味洋治さんから「五〇年目の日韓つながり直し~日韓請求権協定から考える~」(吉澤文寿編著、社会評論社)をご献本して頂きました。

1965年に締結され、良くも悪くも現在の日韓関係の礎となっている日韓基本条約・日韓請求権協定について50年の節目に多角的な視点から検証した硬派な書物。五味さんは1965年当時の新聞が、どのように報じたかを検証しています。

Photo

 私が興味深かったのは、当時、日本側の代表だった外務省参与の久保田貫一郎が、植民地支配には韓国側にとって恩恵があったという趣旨で発言した「久保田発言」についての日本のメディアの反応。現在ならば責任追及されるのは間違いない発言ですが、当時の新聞では、これを問題発言ととらえる報道が皆無だったそうなのです。また、当時の世論調査では、国民の多くが日韓基本条約に無関心だったということ、当時の新聞は日韓両政府の言い分を報じるだけで、あるべき日韓の未来像を提言するような報道がほとんど見受けられなかったという点です。

   大雑把な言い方をしてしまえば、日韓基本条約について日本国民は、未来像を持たず無関心のまま50年が過ぎてしまったようにも思います。日韓問題は是々非々で議論すべきだと思いますが、この条約を踏まえていない意見がほとんどのようにも思います。まずは礎となっているものについて知ること。それが建設的な議論の第一歩となるのではないでしょうか。

2016年12月31日 (土)

「探検家、40歳の事情」

お正月に何も考えずに笑える1冊を読みたいという方には、探検家でノンフィクション作家の角幡唯介さんの新刊「探検家、40歳の事情」(文藝春秋)をお勧めします。

 前作「探検家、36歳の憂鬱」から4年。結婚し、第1子の長女を授かった探検家の生活はどのように変化したのか。チベットの秘境や北極を旅するという「非日常」をライフワークとする探検家には、「非日常」に身を投じることを可能とするために「小市民的な日常」も生きなくてはいけない。この本は「日常」「非日常」の狭間で生きる葛藤を活写した珠玉のエッセイ集です。

Photo_2

 収録作の中では「人間とイヌ」が非常に文学的ですが、それ以外は噴き出してしまうバカバカしい話。とくに「無賃乗車」にはたまげた。活字でメシを食う職業作家が、この話を活字にし得るのか!?中には本気で怒り出す人がいることも角幡さんは想定内なんでしょう。それにしてもつい最近まで天下の朝日新聞にこんな不逞な輩がいたとは・・・(笑)。今すぐ最寄のJRの駅に行って「駅員さん、こんな男がいますよぉ!」と突き出したくなる衝動にかられる人もいるのではないか。

 かくいう私も「無賃乗車」の四文字には、若かりし日に様々な思い出があり、批判できる立場にはありません。聖書の中にも「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい」という言葉がありましたよね(ヨハネの福音書)。

 ちなみに著者の角幡さんは現在、北極で越冬中のはず。

2016年12月16日 (金)

ナイロビで飲むビールの味

 ケニアのビールと言えば、日本にも輸出されている「タスカー」です。サラサラしていて飲みやすく、私はケニアにいる時はタスカーばかり飲んでいます。

Img_2272

 

 タスカーを注文すると必ず「Warm or cold?(温かいのか冷たいのか)」と訪ねられます。もちろん「Cold」と注文しますが、20年前には「Warm」の選択肢しかありませんでした。 これは宗主国のイギリスが冷たいビールを飲む習慣がなかった名残らしく「冷たいのはないのか?」と訪ねると変わったヤツだな、という顔をされ「冷たいものはお腹に良くない」と諭されたものです。

 しかしイギリス以外の外国からも訪問者が増えるようになり、ようやくビールの飲み方にも変化が現れた模様。「キンキンに冷えた」とまでは行きませんが、一応冷蔵庫に入っていたものを出してくれるようにはなりました。

 タスカーは植民地時代の1922年創業。創業者は象の密漁中に事故で亡くなったそうで、そのためかロゴは象のマークになっています。

Img_2269

 ところで前回訪問の2009年までは健在だったナイトクラブ「フロリダ2000」やケニア人たちの憩いのバー「モダングリーン」がともに潰れてしまっていたのは、ちょっとショックでした。タクシーの運転手などへの聞き込みで夜遊び場所は、だいぶ取材しました。ナイロビへ行かれる方は私にお尋ねください。

甲斐毅彦

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.