ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

時事問題

2017年2月28日 (火)

小金井女子大生刺傷事件の判決を聞いて

  東京都小金井市で昨年5月21日、シンガー・ソングライターとして活動していた私立大学生の冨田真由さん(21)をナイフで34回刺し、一時重体とさせたとして殺人未遂罪などに問われた岩埼友宏被告(28)に、東京地裁立川支部は28日、懲役14年6月(求刑17年)を言い渡しました。

 事件発生日、冨田さんが救急搬送された小平市の病院へ取材に行った私は、当初「心肺停止」と伝えられたこともあり、殺人事件だと思っていました。冨田さんには致死量の2000CCを超える出血がありましたが、輸血と2度の緊急手術を受け、一命を取り留めました。蘇生できたのは医師・看護師の必死の対応もあったと思いますが、何よりも冨田さんに「こんなことで負けられない」という生へ意志があったからだと思います。

Photo_4

 

 今まで様々な殺人事件などの凶悪事件の裁判を傍聴して来ましたが、今回ほど辛い気持ちになり、法が正義を実現することの難しさを感じさせられた公判はありませんでした。衝立で冨田さんの姿は隠されていたとはいえ、後遺症が残る瀕死の大けがを負った被害者が、狭い法廷という空間で加害者と居合わせたからだと...思います。

 23日の公判で冨田さんは意見陳述。静まりかえった法廷で、振り絞るような涙声で切り出すまで2分ほどの沈黙がありました。  「犯人は、私の調書を法廷で読み上げてもらっている間、笑っていたようですが、どうして笑うことができるのか。今、私が意見陳述している間も、きっと心の中では笑っていて、反省はしていないと思います。犯人は絶対に同じことをする。また犠牲者になる人が絶対に出る。こんな人を野放しにしてはいけない」と述べたところで、岩埼被告は突然「じゃあ殺せよ!」と怒鳴り声を上げました。

 裁判長から「発言を止めなさい!」と諭されたましたが、冨田さんが「今度こそ私を殺しに来ると思います」と続けたところで今度は「殺さない!」。裁判長から退廷を命ぜられ、両腕を抱えられて退廷しながらも「殺すわけがないだろ!」と二度叫び声を上げました。

 実際の法廷でドラマや映画のようなシーンになることはめったにありません。その「映画のようなシーン」が、被告の身勝手な言動によってなされたということに吐き気を催すほどの嫌悪感を感じました。被害者に消えない傷を負わせた上にさらに心に傷つけるのか、と。

 判決後、冨田さんは代理人弁護士を通じて「17年でも短いと思っていたのに…」とコメントを発表しました。14年6か月後に岩埼被告が出所すれば「今度こそ殺しに来る」と被害者が思うのは当然のことだと思います。

 罪刑法定主義というのは、近代以前に繰り返されてきた「目には目を」的な被害者による加害者への報復が、良い結果をもたらさないことを人類が学んできた中で導き出された原則。自由主義、民主主義両方の観点から根拠があるものです。しかし、法に基づいた判決が被害者を救い切れていないというのも事実です。殺人事件での原状回復は不可能なわけなので当たり前のことですが、今回の事件は被害者が生還できたからこそ、第三者に感じさせるものが大きかったと思います。何よりも冨田さんが勇気を持って出廷し、自らの声で意見陳述をしたことは決して無駄ではなかったのではないでしょうか。

 被害者は、どうすれば救うことができるのか。考えても解決策は見つからないことですが、答えがなくても考え続けなくてはいけないのだと思います。冨田さんが体と心に負われた傷が、これから少しでも消えていくように心から願っています。

2017年2月14日 (火)

金正男氏殺害

 北朝鮮の故金正日総書記の長男・金正男氏がマレーシアで殺害されました。正男氏を直接取材して「父・金正「日と私 金正男独占告白」を出版した東京新聞編集委員の五味洋治さんをインタビューさせていただいたときのブログ記事を以下、再アップします。

Photo

▽2012年2月15日掲載ブログ

 2011年12月に急死した北朝鮮の金正日総書記の長男、金正男氏)との150通のメール対話と2度の単独インタビューをまとめて公開した東京新聞編集委員、五味洋治さんの「父・金正日と私 金正男独占告白」(文芸春秋 1470円)が20万部を超えるベストセラーになりました。

 正男氏の心は開かせたものの、出版には完全な承諾を得ぬまま踏み切った五味さん。発刊後、メール交換は途絶えていますが、五味さんの取材によると、どうやら正男氏本人もこの本を読んだらしい。

 どうやって、正男氏とメル友になれたのか。2004年9月、北京国際空港に現れた正男氏を偶然取材できた日本からの特派員は五味さんだけではありませんでした。しかし、北朝鮮の現体制への批判のみならず、お互いの家族や健康のことまで会話ができるようになった記者はほかにはいませんでした。

 「特に私に取材力とか人間的な魅力があったわけではなく、単に正男氏に関心があったということです。(後継者争いの)レースからはすでに脱落してるし(報道関係者の間で)『あんな遊び人の話を聞いても仕方ない』というムードはあった。確かにそう思ったけど、偶然会った時から礼儀正しく、義理堅く、フレンドリーな人だった。取材のチャンスがあれば何かしゃべってくれるんじゃないかな、と」。始まりは好奇心。あきらめずにコンタクトを取り続け、一冊の本にまでなるとは本人も思わなかったそうです。

  韓国・北朝鮮への関心の原点は駆け出し記者時代に赴任した川崎支局だったそうです。在日韓国・朝鮮人が多く住むコリアタウンの近くで暮らす中で興味を持ち、韓国の延世大に留学。言葉とともに隣国民の思考、生活様式、歴史を学ぶ日々は「人生で一番楽しい時期だった」と振り返りました。

 五味さんによれば「友達としての彼は本当にいい人」なのだそうです。本書には、これまで5回来日したという正男氏が新橋のおでん屋によく行ったことや、赤坂の高級クラブで遊んだエピソードが明かされています。ミサイル実験などについて父に直言したとも。しかし、メル友にはなれたものの、完全に気を許してくれたわけではありません。「父親(正日氏)の健康状態、ロイヤルファミリーや軍の人間関係とか。いくら聞いても答えないことには答えなかった」そうです。

 マカオでの生活の資金源についても正男氏は明言していませんが、五味さんは「友達としての彼は本当にいい人。北朝鮮からの送金以外にも支援してくれる人は多いのではないか」と推測しています。

 メール交換は2012年の1月3日、正男から三代世襲に反対する内容が届いたのが最後。出版については「父の死後、喪に服す100日が過ぎるまで待って欲しい」と意向を示されましたが、五味さんは刊行に踏み切りました。正日総書記が死去したタイミングで、発表したいという記者としての気持ちを正男氏も理解してくれると信じたからでした。

 五味さんが得た情報によると正男氏も一読している模様。しかし、本人からの連絡はまだありません。国家的事業となる故・金日成主席生誕100周年記念(4月15日)を過ぎたタイミングで再びメールを送ってみる考えだそうです。

 「まず謝らないといけないでしょうね。でも『たくさんの人が読んでくれてあなたのファンが増えましたよ』という報告はしたいですね」

2017年2月 5日 (日)

「狂犬」マティス米国務長官の愛読書

Photo

  初来日して安倍さんと会談した「狂犬」マティス米国防長官(66)の愛読書がローマ皇帝マルクス・アウレーリウスの「自省録」だと聞いて「へー」と思いました。私が大学に入学した読んだ2冊目の本が岩波文庫の「自省録」でした。「やる気が出るぞ」と勧めてくれた方がやる気のない方だったのですが、読んでみるとめくるめく心に響く人生訓が散りばめられていました。中国の「菜根譚」と並ぶ世界的名著だと思います。

 反乱の平定のために東奔西走していた哲人皇帝が、孤独な時間に自らの行動を点検し、ストア哲学と照らしつつ瞑想のもとに書き残したもの。私が読んだのは28年も前ですが、ところどころに線を引いています。

 「君の肉体がこの人生にへこたれないのに、魂のほうが先にへこたれるとは恥ずかしいことだ」(P90)

  「名誉を愛する者は自分の幸福は他人の行為の中にあると思い、享楽を愛する者は自分の感情の中にあると思うが、もののわかった人間は自分の行動の中にあると思うのである」(P98)  

 「睡気、暑気、食欲不振。以上のいずれかのために不機嫌になった場合には、自分にこういいきかせるがよい。私は苦痛に降参しているのだ、と」(P117)

 「他人の厚顔無恥に腹の立つとき、ただにに自らに問うて見よ、『世の中に恥知らずの人間が存在しないということがありうるだろうか』と。ありえない。それならばありえぬことを求めるな、その人間は世の中に存在せざるをえない無恥な人々のい一人なのだ」

 など。2000年近くたった現代でも心に響く言葉ばかりです。    マティスさんが、この書物を愛しているのならば、狂犬ではなく高潔な人物のはずなのですが。しばらくは「自省録」と照らし合わせながら観察してみたいと思います。

2017年1月18日 (水)

小池都知事が十文字高イレブンを激励

  今日は東京都庁で小池百合子知事(64)を取材。全日本高校女子サッカー選手権決勝(1月8日)で初優勝を決めた東京都代表の十文字高校の選手たちが表敬訪問に訪れました。

Img_32981

 

 

 全国大会で東京勢が優勝したのは25回目の今回が初めて。高校の所在地は豊島区で、小池さんの地元でもあります。決勝の大商学園(大阪代表)戦で決勝ゴールを決めて、1―0の勝利に導いた3年生のFW村上真帆主将は「3年間、全国制覇を目指して来ました。しかしこれに満足せず、2020年東京五輪でメンバー入りして活躍できるように頑張って参ります」と小池さんの前で宣言しました。  小池さんは「本当におめでとうございます。(決勝は)テレビで拝見していました。鮮やかなミドルシュートでした。皆さんは高校生。2020年に向けてまさにぴったりの選手たち。これからも日本の女子サッカーをリードするチームであって下さい」と激励。村上主将にサイン入りのサッカーボールを手渡していました。

Img_3279

2016年8月16日 (火)

築地市場移転問題

 小池都知事の築地市場と移転予定先の豊洲新市場視察に同行。築地市場は勝鬨橋側の駐車場ビル屋上から市場全体を一望できます。豊洲市場は11月開場予定ですが、建物はほとんどできてしまっています。

Img_01401

 

 それにしても仲卸業者の大多数が移転に反対しているのに、なぜ強行しようとしているのでしょうか。私には理解できないのですが、推進派、反対派双方の意見をしっかり聞いてみたいと思います。

Img_01192

 

 すでに11月開場で決定してしまっていますが、小池さんには是非、この移転問題の本質を見抜いていただき「都民ファースト」の決断をお願いしたいところです。

Img_0147

2016年7月 7日 (木)

石田純一が東京の「顔」に?

  タレントの石田純一(62)が都知事選出馬を示唆。羽田空港でキャッチしました。これほどまでの報道陣の押しくらまんじゅうは久しぶり。札幌から羽田空港に到着し、待ちかまえた約100人の報道陣に囲まれた石田はこんな話をしました。

Img_9288


 「まだ具体的なことは何も決めていません。市民団体とはお話をしていますが、特定の政党とは何の話もしていません。(訴えたいのは)子育てや次の世代の子どもたちのためのことです。戦争をやらないのが大前提。もし出るとしたらですよ、争点にしていきたいな、と思います。期待されているのはありがたいです。今の段階では言えることは少ない。シロウトか玄人かいろいろあると思いますけど、もし僕が出るとか出ないではなく、実務経験者だけがいいのか分からないところです。もっと人がどうこうというよりも政策、政治的信念みたいなものの論争をしたほうがいいのかなと思います。皆さんもよくご存じでしょうけど平和で安全な国が変わっていっちゃうのかな、そういうことです。(奥さんは)『いや、やめてよね』と」。

2016年6月27日 (月)

政界を目指すアーティスト&ジャーナリスト

  参院選東京選挙区から社民党公認で出馬した画家、ジャーナリストの新人、増山麗奈さん(39)を27日、取材しました。蒲田駅から奥沢駅に移動する街宣活動中の短い時間でしたが、肉眼で戦場を見てきたジャーナリストの一人として政界を目指す思いを聞きました。

Img_8832

 増山さんは東京芸大で美術を学び、画家や映画監督としても活躍。アート作品は、母乳を絵の具と混ぜて描くような型破りなもので、ネット上などでは批判を浴びたこともあるそうです。多方面で活躍されていて2004年にはイラク戦争下のバグダッドを訪問し、戦火の中で暮らすバグダッド市民を取材した経験もお持ちです。その時に出会ったフリーランスの戦場ジャーナリスト、志葉玲さんが旦那さんです。

 「戦争が市民を傷つける現場をこの目で見てきました。一度破壊された街はなかなか元には戻らない。そして憎しみもなかなか消えない。私が見てきたことが日本でも起こってしまうかもしれないのです。戦争を(体験としては)知らない安倍政権が、勝手に安保関連法制を成立させ、憲法改正に向けて動いていることは腹立たしいです」とおっしゃっていました。

 増山さんは14歳と10歳の2人娘の母。保育園を活用し、働きながら子育てをすることの難しさを体験していることから保育士の待遇の改善も実現したいと話していました。

 少数政党での選挙戦が楽ではないことを実感しながらの戦いですが、街中で「社会党の頃から応援しているよ」などと声をかけられると元気が出てくるとのこと。「そういう声を励みに地道に訴えていきたいと思います」。社会党創成期に党員だった増山直太郎氏は増山さんのご祖父だそうです。

 投開票1週間前の7月3日には高円寺駅北口前広場で、午後1時から「平和をアートで作ろう! 増山れなアートフェス」を開催予定。立体オブジェを設置してのアート街頭活動を計画しています。

2016年6月21日 (火)

谷亮子氏、政界を離れる

  生活の党と山本太郎との谷亮子参院議員(40)は21日、参院選(22日公示、7月10日投開票)に出馬しないことを表明しました。政界復帰には含みをもたせました。 スポーツ記者、社会記者あわせて20年やっていますが、これまでことごとくYAWARAちゃんを取材する縁がなく、初めて名刺交換をしました。

Img_8363

 

  谷さんは小沢一郎代表が進めていた野党による比例代表統一名簿構想が実現しなかったことなどを理由に、同党からは出馬せず、打診があった他党からの出馬を検討していましたが、自身が離党することで生活の党は政党要件を満たさなくなってしまうことなどから「小沢先生への最後のご奉公として、(他党からも)出ないことを決め、スッキリしました」と話しました。任期満了を待って離党する方針です。

 谷さんは、4つの政党から出馬打診があったことを明かし、21日に見送ることを決断したという。小沢氏からは「残念だが、まだ若いからいろんな経験ができる」と声を掛けられたそうです。

 谷さんは「小沢ガールズ」の一人として2010年参院選で旧民主党から出馬し、初当選。11年にはスポーツ議員連盟会長としてスポーツ基本法を成立させました。12年に小沢氏とともに民主党を離党し、13年には生活の党副代表兼参議院幹事長に就任しました。「政治家としての仕事にはメダルの色には例えられない思いがある」と6年間を振り返りました。

Img_8375

 今後については、政界復帰に含みを持たせながらも「議員ではできなかったこともやりたい」とも話しました。メディアの仕事で、リオ五輪に行く計画もあるそうです。2020年の東京五輪での現役復帰について「まだ間に合う? いくつになるんだろう」と笑い飛ばしながらも「何らかの形で五輪パラリンピックを応援していきたい」とも話しました。まずは6年間、お疲れ様でした。

2016年6月18日 (土)

宇都宮弁護士が講演

    舛添要一知事の辞職に伴う都知事選(7月14日告示、31日投開票)に立候補を検討している元日本弁護士連合会長の宇都宮健児さん(69)は18日、東京・文京区湯島の全労連会館で講演。「私が都知事になったら首都大学東京の学費無償化などに取り組みたい」と具体的な政策にまで言及しました。

Img_82981_2

 講演のテーマは「2016参院選で問われるのは何か?」だったが、内容は必然的に都知事選も意識したものになりました。宇都宮さんは東京の姉妹都市である韓国・ソウル市を視察した経験などから弁護士出身の朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長の実績を紹介。市の非正規職員の正規職への転換、大学の無償化を実現、公共住宅の供給などを挙げて「財政豊かな東京でこの程度のことができていない」と舛添都知事まで続いた都政のあり方を批判した。舛添さんもソウルを訪問したときに朴市長と会っているそうですが、宇都宮さんは「具体的なことは何も学ばれなかったのでしょう」と笑っていました。

 宇都宮さんはすでに市民グループから出馬の要請を受けていることを認めており「野党共闘の流れの中で、大きな枠組みでの要請があれば...、立候補する準備はある」と語っています。  宇都宮さんは、2012年と14年の都知事選に立候補し、いずれも次点。14年選挙では元首相の細川護熈さんを上回り、舛添さんの約211万票に続く約98万票を獲得しています。善戦をしながらも都議会の多数派を自民・公明党の会派が占めている現状を踏まえた上で「地に足の付いた運動を組織的に行い、市民運動を選挙運動と結びつけていかなくていかなくてはならない」と話していました。

 宇都宮さんのお話を聞いて改めて思ったのは現行の公職選挙法を含む選挙の諸制度は、少数派には不利に働くように出来ているということです。まず先進国の中で出馬にかかる供託金がここまで高い国はないということ。個人で出るならばマック赤坂のような資産家でなくてはできないのです。ピザの宅配などのポスティングは罰せられないのに、選挙に関わるビラは住居侵入で逮捕される事例があること(実際にかつて三鷹市で、宇都宮さんのビラをポスティングした70代の男性が逮捕されています。そして現行法も戦前の治安維持法の流れを汲んでいるということ。宇都宮さんはこれらについて言及し「有権者を小バカにしている」と喝破していました。

2016年6月13日 (月)

給与はいらないから猶予を

  約4時間15分に及んだ都議会総務委員会集中審議は、「舛添辞めろ」の大合唱でした。すべての質疑を終えると、舛添さんは挙手して発言。給与は全額返上する、として「リオ五輪が終わるまで猶予が欲しい」と延命を懇願しました。以下、舛添さんの発言です。

Img_8227

  発言をお許しいただきありがとうございます。一言申し上げたいと思います。都民の皆様、また都議会の皆様に大変なご迷惑、ご心配をおかけいたしておりますことを改めて心から陳謝申し上げます。私は東京を世界一の都市にしたいという思いで都知事に立候補し、当選させて頂きました。それまで一所懸命。私は都政の発展のために努力をしてきたつもりでございます。  しかし今回一連の私に関する問題で、さらなるご迷惑をおかけしております。そういう中で私は自分なりの説明をしようと思いましたけれど、知事自身、また知事の関係者の説明では信頼できないという声がありましたので、検事出身の弁護士の皆様方に厳しい目で調査報告書出して頂きました。そして主に国会議員時代ですが、様々な不適切なものを指摘されました。  さらに厳しいご批判があるのは胸に刻んでおります...。何人かの議員の皆様から不信任案を提案したとございました。重く受け止めております。  そういう中で、私は伏して皆様にお願いしたいことがございます。もし、私に対する不信任案が可決された場合には法律上は私が辞任するか、ないしは議会を解散するか、選択が迫られます。その選挙の時期がリオ五輪パラリンピックの時期と重なります。私は知事として断腸の思いです。  次期開催都市でこういう選挙をリオの期間にやるということは本当に国家的大事業である2020年大会にとって極めてマイナスになる。もちろん私の不徳の致すところが発端であることは重々承知はしております。そういう思いで、どうか少しの猶予を頂きたいと思っております。  それは私が知事の名にしがみつくということではございません。私はすべての給料をご辞退申し上げます。都民のため、都政のために働きたいと思っております。今、知事として選挙というようなことでリオと重なりますので、そういう困難は公益にそぐわないので、極めて厳しい判断をしているところでございます。どうかこの時期を猶予していただいて、その上で私が都知事としてふさわしくないというご判断を都議会の皆様がなさるときには不信任案をお出し頂ければと思います。  私の思いはそういうことでございます。最後の貴重な時間に委員長から発言する機会を頂きましたことを感謝申し上げます。

甲斐毅彦

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.