ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 金環日食で | メイン | 小さな引っ越し »

2012年7月27日 (金)

読書感想文

 芸能の話題からは、ずれてしまいますが、最近、ふと思ったことに「読書感想文」のことがあります。夏休みの宿題の横綱的存在ですが、楽しい休み気分を吹き飛ばし、子供たちを一気に現実に引き戻す、嫌われる宿題の代表格でもありました。私自身も、なかなか書けず、憂うつな気分に陥り、ため息を吐き吐き、どれだけのたうち回ったか分かりません。いま思い出しただけでも吐き気がしそうです。

 しかしです。いま振り返ってみると、なぜそんなに苦しんでいたのか、ということが不思議にも思えるのです。読書することはさほど嫌いではない。なのに、感想文を書こうとすると「大嫌い」というアレルギー反応が起きる。この隔たりは一体何なのだろう、と思うわけです。

 いま映画や演劇を取材するようになり、主観を含めて作品の原稿を書くとき、見終わった後の自分に何が残ったかを知らず知らずのうちに問いかけています。その残っている物が、必ずしも琴線に触れたもの、だとは限らないのですが、なぜこれが自分の心の中になかに残り、なぜいつまでもくすぶり続けるのかを、半ば無意識に反すうします。そしてそれらを、どうすれば読者に少しでも分かりやすく伝えられるだろうか、と悩みます。

 子供のとき、少しでもこのことに気づいていれば、ちょっとは楽しく書けたのかもしれません。でも本を読んでいるときは、時間を忘れて楽しいと思えていたわけです。読み終わって、その書物が残した自分への心の変化は何だったか? をしっかり考えることが抜け落ちていたのです。子供たちに起きたその心の変化や驚きを、そのまま文章にするだけでも生き生きとした感想文が生まれるのではないでしょうか。豊かな感性でつづられる世界は大人もマネできないように思うのです。でも近い将来、子供たちにも電子書籍で読んだ小説で感想文を書くような時代が、すぐその先に来ているのかもしれません。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/29436359

このページへのトラックバック一覧 読書感想文:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.