ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 2014年2月 | メイン

2016年11月

2016年11月 7日 (月)

松本紀保の演技「非現実的世界を現実に 濃密な空間づくりにかける」

581fe641_tg1

 東京・三軒茶屋のシアタートラムで、6日に千秋楽を迎えた劇団チョコレートケーキ公演「治天ノ君」を見た。この劇団は、歴史的事件や史実を、新しく大胆な解釈で舞台化してきたことで知られている。2013年初演時、読売演劇大賞選考委員特別賞を受賞するなど評価は高く、今回見た日も立ち見が出ていた。

 「治天ノ君」とは院政で実権を握り、政治に当たった上皇を意味する。物語は大正天皇の妻、貞明皇后節子の視点を通して、大正天皇の生涯が描かれていく。皇后を、初演に続いて松本紀保が好演していた。この5月には喫茶店を舞台にした宮崎弁の芝居に格闘していた人だが、同じ人物と思えないほどの変ぼうぶり。どんな役も「演じてます!」というのをまったく感じさせない、とても不思議な女優さんだ。

続きを読む »

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.