ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

古代のハスを見に行くと

 2000年の時を超えて咲くハスの花が見られる。大阪市立大学からそんなリリースが届いた。場所は大阪府の奈良県との県境、交野(かたの)市にある大阪市立大学理学部付属植物園。大きな地震の後だけに余震に警戒しながら、気分転換も兼ねて訪ねてみた。

_1_1

続きを読む »

2018年8月30日 (木)

インスタ映えする?奇岩パーク

 紀伊半島の南端に近い和歌山県古座川町は奇岩の宝庫。1400万年から1500万年前にこの地で起こった大規模な火山活動の名残が、およそ人間がイメージ出来る形状から極端に逸脱した奇妙な風景を演出している。今回、その奇岩を目当てに初めて取材に行ったが、不思議な事に気づいた。

B_1

続きを読む »

2018年8月23日 (木)

真夏の熊野那智大社で

 和歌山県の那智山を初めて訪ねた。熊野那智大社や那智山青岸渡寺、那智の滝など世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている聖地だ。一度は訪れたい場所だったので、酷暑にもかかわらず胸をときめかせていたが、現地に足を運んでみると、観光パンフレットでは分からなかった衝撃の事実に出くわした。

_1_1

続きを読む »

2018年8月 2日 (木)

「東洋のマチュピチュ」への道

 南米ペルーのインカ帝国遺跡「マチュピチュ」。一度は訪れてみたいが、日本から見れば地球の裏側。時間と経費を考えると、簡単に行ける場所ではない。そこで訪ねたのが愛媛県にある「東洋のマチュピチュ」。大阪から5時間ほどで行けるので、訪ねてみた。

_1

続きを読む »

2018年7月30日 (月)

四国の真ん中 お城とエビスイーツ

 愛媛県に四国中央市という自治体がある。聞き慣れない名前だが、元は川之江市と伊予三島市。そこに土居町と新宮村が加わって2004年に誕生した。「四国中央」と名乗る根拠は徳島、香川、高知の3県と接していること。特に旧川之江市は交通の要衝で、南北朝時代に山城が築かれたという。その場所には今、真新しいお城がある。訪ねてみた。

_1

続きを読む »

2018年7月24日 (火)

新居浜の伊予美人と生ようかん

 愛媛県にはこれまで何度か取材に訪れていて、今回の豪雨で大きな被害を受けた南予地方の風土や景色、食材も好きなので、胸を締め付けられる思いでニュースを見ていた。しかも今月は東予地方での取材を予定していた。行くべきか少し迷ったが、この災害で県の観光地が敬遠される事態になれば、観光収入も激減して、復興事業にも悪い影響を与えるかも知れないと思い直して、出かけることにした。

_1

続きを読む »

2018年6月15日 (金)

京都で鞍馬寺を登る

 京都盆地の北、標高584メートルの鞍馬山に伽藍(がらん)が並ぶ鞍馬寺。天狗の伝説や、牛若丸(源義経)が武道の修行を積んだ場所として人気の観光スポットだが、山頂近くに「木の根道」と呼ばれる奇怪な光景があるという。一度、見てみたかったので、休暇を利用して登ってみた。

_1

続きを読む »

2018年5月22日 (火)

高知・桂浜のディープな名所?

 高知市の名勝・桂浜といえば、坂本龍馬の銅像で有名だが、なだらかな弧を描く海岸線で大きな波が砕ける光景もダイナミックだ。初めて訪ねてみたら、意外な「名所」としても知られているという。どんな「名所」なのか。

_1

続きを読む »

2018年5月16日 (水)

龍馬の名言でご飯を食べる

 今回の高知県取材で大きな発見があった。それは人生に役立つ龍馬グッズ。幕末の英雄・坂本龍馬の人生に様々なことを学び、それを人生の糧としたり、生き方の指針として肝に銘じている人は多いだろ。しかし今回、見つけたのは、もっと身近な日常生活の中に、龍馬の魂の声が伝わってくるお手軽グッズだ。それは。

_1

続きを読む »

2018年5月 1日 (火)

平成の薩長土肥とは

 先月21日、「志国高知 幕末維新博」第2幕の開幕セレモニーを取材していたら、面白いフォトセッションがあった。桂浜の坂本龍馬記念館に立つ龍馬のシェイクハンド像の前に、鹿児島、山口、高知、佐賀の4県知事が集合して、集まったメディアに写真と映像を撮らせた。まさに「平成の薩長土肥」。まさか、4県が力を合わせて国政を刷新する?

_1

続きを読む »

2018年4月26日 (木)

GWは森のモノレールに乗って

  兵庫県の西の端の山間部、宍粟(しそう)市にある県立「国見の森公園」は、甲子園球場が94個も入る広大な敷地に、森林活動の拠点が建てられていて、新緑の季節にアウトドアレジャーを楽しむには最適だ。そして、国見山(標高465メートル)まで、簡単に登ることができる。そのわけは。

_1

続きを読む »

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.