ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 京都丹後鉄道はおしゃれ! | メイン| しだれ桜が咲き始めた »

2016年3月17日 (木)

天橋立の歩き方 猫も出た

 日本三景の天橋立は、宮津湾と内海の阿蘇海を隔てる全長3・2キロの砂州だ。その白砂青松を俯瞰した写真は、誰でも一度は見たことがあるはず。しかし、実際に天橋立とはどんな場所なのか、以前から興味があった。今回、取材で歩いてみたら、そこには、意外なものがあったし、いた。

_1

 京都丹後鉄道の天橋立駅は、天橋立の南側の文珠地区にある。駅から橋立に上陸するにはまず、廻旋橋(かいせんきょう)を渡って、橋立の南側800メートル部分「小天橋」を通らなければならない。

_1_2



 この廻旋橋は名の通り、船が通るときに橋の上部構造が橋脚を軸に回転する。一見、赤い欄干の普通の橋に見えたものが、ちょうど渡ろうとしたときに回り始めたので、びっくりした。昔は手動式だったが、現在は電動。それでも船が続けて通るときは10近く足止めされる。観光客には楽しいアトラクションだが、通勤や通学でこの橋を渡る人は遅刻することもあるという。
 小天橋からもう1か所、橋を渡ると全長2・4キロの大天橋だ。東側の宮津湾に面した方に砂浜の海水浴場がある。その近くには食堂もあって、そこで昼食を食べた。

_1_3



 その後、松並木を歩いて行くと、あずま屋が建っていて、入り口に「詩歌(うた)の道・天橋立 短歌 俳句応募箱」と書かれた木製の郵便受けのような箱があった。応募用紙もたくさん備えてある。これは、橋立の景観を守るための清掃や外来植物駆除などに取り組んでいる「天橋立を守る会」の活動の一環という。
 さらに歩いて行くと、古い神社があったが、そこが「天橋立神社」。その西側に「磯清水」という井戸があった。説明板によると、四方を海に囲まれたこの場所で、なぜか塩味を含まない水がわき出るという。和泉式部も歌に詠むなど、昔から橋立を訪れる人たちを喜ばせていたらしい。

_1_4



 不思議だなと思っていたら、案内してくれた「守る会」の役員さんが「海水は真水より重いので、下に沈むのでしょう」。つまり、井戸の底の方には恐らく海水はあるが、上がって来るのは軽い真水だけという原理のようだ。納得。
 ほかにも取材に行く場所がたくさんあるので「橋立歩き」はここで切り上げ、文珠地区へ戻って日本三大文殊に数えられる「智恩寺」へ立ち寄った。境内には重要文化財の多宝塔をはじめ、山門や文殊堂などがあるが、不思議だったのは、境内の松の木に結びつけられた扇子の形をしたおみくじ。末広がりで縁起がいいうえに、見た目もおしゃれだ。

_1_5



 その写真を撮っていたら、4、5メートル向こうをサバ虎柄の小さな猫が通りすぎて行った。あっという間の出来事で、写真も撮れずにがっかりしていたら、今度は丸々と太った茶トラが目の前に現れた。ここは猫の楽園なのか。
 しばらく写真を撮っていたら、「きゃー」という叫び声を上げて猫好きの若い女性が走ってきた。彼女が茶トラ君の横にしゃがんで頭を1回なでたら、何と彼女のヒザに両前脚をかけて「にゃー」と猫なで声。さすが、文殊堂を縄張りにしているだけに、人間をてなずける知恵を授かっていた。
 天橋立の魅力に迫る「快適 りふれ旅」は3月23日発行のスポーツ報知(大阪本社版)に掲載。(文と写真・鬼塚 静信)

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.