« 【再録】「加藤が見た」岸孝之、神宮初勝利。 | メイン | 高市俊、27歳。「打たせる投手」への転身。 »

2012年7月 7日 (土)

斎藤佑樹の七月。「もう少し」への挑戦。

 「疲労は移動時間ではなく、距離に比例する」という説がある。斎藤佑樹の場合は、どうだったのだろうか。

 7月6日の午前11時過ぎだった。関空で取材中の日本ハム担当・山崎からメールがあった。

 「斎藤にハプニングです。昨日のうちに札幌に前乗りするはずが、濃霧で飛行機が飛ばず。結局、先程チーム便で飛び立ちました」

 今夜の札幌ドーム、ソフトバンク戦の先発マウンドに上がるというのに…。

 先発投手は前日のうちに、試合が行われる場所へと移動し、ゆっくりと心身を整えるのが球界の鉄則だ。斎藤も5日の夕方には京セラDを出発。関空から札幌へと戻る予定だった。

 だが、新千歳空港の上空まで来たものの、濃霧のために着陸できなかった。2度試みたが、不可能と判断。飛行機は関空に引き返してしまった。関空近くのホテルにチェックインできたのは、午前1時を過ぎていた。

 5日の夜の出来事を、斎藤は振り返る。

 「こんなことは本当にあるんだなあって。『着陸態勢に入ります』ってアナウンスが流れるんですが、着陸できなくて。自分、ウルフの隣だったんですよ。ウルフと話していたら、英語ができると思われたみたいで、近くの外国人の方も自分に話しかけてくるんです。とりあえず『BACK!』と言っておきました」

 6日の朝、関空。ナインは騒然となった。「何で斎藤がいるんだ!?」。しかも全体移動時に着用するスーツは、すでに札幌に送ってしまっていて、ジーンズにカジュアルなシャツを着るしかなかった。結局、斎藤は24時間のあいだに関空-新千歳間を3回、行き来したことになる。距離にすると3000キロ以上だ。

 当日、チームバスで慌ただしく札幌ドーム入りしたが、斎藤は開き直っていた。通常より早くグラウンドに出て、大粒の汗を流した。「佑ちゃん、たいへんだったね」というわたしの言葉に「こんな時こそ、ですよ!」と明るく応えた。強い気持ちでマウンドに駆けていくのが、分かった。

 プレイボール後は、上々の立ち上がり。直球とスライダーでテンポ良く若鷹打線を封じ、4回まで0を並べた。だが、5回。2死走者なしから3失点。5回81球で勝利投手の権利を有しながら降板となったが、救援陣が2点のリードを守れず、試合は5-5の引き分け。斎藤は4試合白星から遠ざかってしまった。

 「5回で降りたことが、まず悔しかった。勝ちたいッスね。勝って成長していくピッチャーだと、自分では思っているんで」
  
 勝てば前夜のハプニングも、笑い話になったというのに。番記者たるわたしにとっても、つらい夜になった。

 一夜明け、7日の午前中。札幌ドームに隣接するサッカー場へと赴くと、強い陽射しが降り注ぐ中、斎藤はたったひとりで黙々と、芝生の上を走っていた。

 昨夜は、勝ちたかったよね。帰ってから、落ち込んだんじゃない? そんなわたしの問いかけにも、さわやかな表情で、言った。

 「自分の中には、希望が見えてきているんです。技術的に。つかめそうで、つかめない感じ。でも、もう少しなんですよ」

 乗り越えなくてはならない課題は、多々ある。それでも、心に疲労は見られなかった。

 さあ七月、夏本番。斎藤佑樹よ、ハングリーに「もう少し」を、超えろ。

コメント

加藤さん、いつも楽しく拝見させて頂いております。
今回斎藤くんにそんなことがあったなんて、詳しい情報ありがとうございます。
加藤さんの記事はいつも斎藤くんへの愛に満ちていてファンとしては嬉しい限りです。これからも、加藤さん目線の温かい記事を楽しみにしてますね♪

 加藤さん はじめましておじやまします。 温かいこころで佑ちやんをみまもつてくださる   加藤さんの記事に勇気をもらっています。 ありがとうございます。  昨日は悔しい思いをしました。  佑ちやんが心折れてないか心配でした。でも加藤さんの記事を読み元気で前向きに挑戦しているのが判り安心しました。   関西では 佑ちやんの記事が少なく寂しい思いをしています。  加藤さんお忙しいでしようが是非とも佑ちやんの情報お願いします。 夢と希望を届けてくれる佑ちやんがいろいろの壁を乗り越えナンバ1P成長するよう見守り応援していきます。  宜しくお願いします。

初めて投稿します。加藤さんが以前より斎藤君に好意的な記事を載せてくれてファンとしては癒されています。何せ彼は徹底して叩かれるから・・好投しても悪かった点だけが大々的に取り上げられ気の毒・・今年オープン戦の対カープなどホームラン以外は確か完璧だったはず。いつもそんな感じですよね。彼、つらいと思います、誰も褒めてくれないって大学卒業の頃言ってた気がしたから。今、成績がパッとせず、苦しんでる事もあるとおもいますが、試合以外の事も様子を知らせて頂いて彼の様子がわかって良かったです。これからも応援してるファンの為に素の彼の記事をお願いします。暑くなりますがお身体に気をつけて頑張って下さい。

加藤さんはじめまして♪
何時も暖かい気持ちでのコメントありがとうございます。
大学時代一度だけ東伏見と神宮に行きました。それ以外はインターネットが頼りの私です。
これからも佑ちゃんのことをいろいろ教えてください(*^^*)
時々は大石君や福井君のことも≦(担当外でしょうか?)
暑くなって来ます♪気を付けて取材してくださいね!!

加藤さんが斎藤君の早稲田の時からの記事を読ませてもらってました。
斎藤君のことですがオールスターにファン投票1位で選出が決まった次の日のある朝刊で人気先行型の印象は否めないと書かれていてショックと同時にやっぱり言われたなと言う複雑な思いでした。
去年はかなり叩かれ、他球団の選手でも不満を言う人もいたので今年こそは実力で選ばれて欲しいと思ってました。
プロ野球ファンが納得しないならそろそろ選出ルールを変えて欲しいと思ってます。

最近ここ2ヶ月は投球内容が悪く1ヶ月に1回しか勝てなくなってきています。KOが多く失点は12球団最多です。
ここまで悪くて先発の役目を果せなくてローテーションを実力で守っているとは言えず、なぜ登録を抹消されないのか不思議です。
大石君も今年やっと1軍だし福井君は開幕1軍のローテーションに入っていたのに不調で2軍で調整して1軍に上がってきました。今年の新人では藤岡君も落とされました。
斎藤君はこのままの育成方法で良いのでしょうか?
特別扱いはそろそろ止めないとますます非難されます。
大学でも成績の悪い年でも代表に選ばれエース扱いされ不満が出てましたね。
ぬるま湯につかったと言われたくないと本人は言っていたけれど開幕前に夕刊紙に書かれた練習量が他の選手に比べて圧倒的に足らないとか記事も不安になってます。

日本ハムの山田GMにお会いになる機会があれば本当に斎藤君が日本ハムの投手で実力を期待されるより人気が目的だったのか、日本ハムに入って良かったのか、育成方法に不安を感じている大学時代からの斎藤君のファンがいることをお伝え下さい。

はじめまして。
2年前になりますでしょうか?      
 小雨にもかかわらず、早稲田のユニフォーム姿での最後の試合を観ようと、チケットをにぎりしめ、ひとり、新幹線に乗り、神宮球場に行きました・・・が、無情にも “本日は雨のため試合はありまん。” の看板掲示。人混みの中、立ち止まることもできず、踵を返すように帰るしかありませんでした。
 翌日、佑ちゃんは日本一となりました!!
その後、日本ハムのファンクラブに入り、今は佑ちゃんグッズで満足している私です。
 何があっても、温かく応援していますので、加藤さんもよろしくお願いいたします。
もてはやしたかと思えば、一転攻撃したりの心無いマスコミ評には嫌悪感を感じます。
ゲームですから勝つこともあれば負けることもある。ジュビロにゴンちゃんのいるころはサッカーに熱を上げていた私ですが、やはり野球も面白い。と思っています。 いいぞ!北海道!
佑ちゃんが負けても大きく取り上げてくれれば、きっと、新聞売れると思いますよ~♪♪
 
 

加藤さん毎日暑いのに取材大変ですね。
また体調を崩さないように体調管理にはお気をつけ下さい。

斎藤君が登録抹消され2軍に降格されてから一週間経ちました。
私はもっと早く交流戦のころから2軍に降格になったほうがいいと思っていて
首脳陣がやっと2軍に降格を決めてホッとしました。
斎藤君のファンには冷たい意見と思うかもしれませんね。
斎藤君があのまま1軍で投げていても良くならないし、原因も分からず、孤立していたと思います。
2軍に降格はチーム内の斎藤君に対する視線も考えて首脳陣が決めたようです。
今更、方針を変えなければいけない斎藤君の使い方は最初から避けるべきでした。

オールスターを待ってから2軍に降格されたようでオールスターに
テレビ的に利用されたかな、なんて思いました。
特に第3戦のテレビ欄のゲスト解説なんて一人だけ名前が書いてあるのは
おかしいですね。
実際には他の選手も順番に放送席に呼ばれて話を聞かれていました。
私は成績の悪い年はオールスターは辞退してほしいと思ってます。
人気先行とか言われるのは傷つきました。
今年からオールスター出場辞退は10日間の1軍の試合出場停止のペナルティーがつくので
自由にとは行きませんが2軍なら問題なかったですね。

今まで雑音が多く集中出来ない環境でしたが、鎌ケ谷で課題を克服してほしいです。
焦らずじっくりと取り組んでほしいと思います。
鍛えて悪くなる前に戻るのではなく、別の投手に見えるぐらいの力をつけて
進化した姿で1軍に帰ってきてほしいです。

福井君が2軍から帰ってきて好投し、やっと勝利投手になりました。
福井君も今年から投球フォームを変えたことが不調になったのでしょうか?
斎藤君も今年から投球フォームを変えたことが不調になったのでしょうか?

今年はオープン戦のころからよく打たれてて監督に怒られてました。
開幕投手は成功しましたが良かったのは4月だけで投げれはKOが続いてます。
失点、被安打、四球、すべて去年より悪くなってます。
斎藤君自身は去年より良くなっているはずと思いたかったのでしょうが結果が違うと教えてくれてます。
斎藤君の最短で1軍復帰宣言は頼もしいと言うよりは焦っていると感じました。
鎌ケ谷の試合結果を聞いた監督のすぐに結果を出せと言ってるだろうと言う怒りの言葉は
斎藤君を追い詰めているだけです。
2軍に降格させたのだから2軍の監督に任せてほしいです。

この前の鎌ケ谷の試合ではツイート速報ありがとうございました。
5回までは良かったけれど6回はセットポジションを試したとたんに5失点。
セットポジョンからのコントロールの悪さは課題だと2軍の投手コーチが指摘してます。
斎藤君自身はなんでこんなに打たれるのか分からない。
調子はいいのにと、どうしたら良くなるのか分からないという状態から解消されたのでしょうか。
特に今年はコントロールに苦しんでいます。
投球フォームが原因なら戻すか、変えてほしいと思います。

そこで加藤さんにお力を貸していただけませんか。
加藤さんの代わりの記者の方も承知しております。記者の方がどなたか評論家の方をお連れになって
斎藤君をご覧になっていただけませんでしょうか。
評論家の方に斎藤君を分析していただいて、どこが原因でコントロールが悪くなっているか、
打たれている原因と改善方法をお聞きになって斎藤君に教えていただきたいのです。

筋違いなお願いでお忙しいところ、申し訳ございませんがよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。