ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« きょうのねらい目(住之江・太閤賞4日目) | メイン | 4R6810円的中!きょうのねらい目(住之江・太閤賞5日目) »

2010年2月26日 (金)

締め切り迫る!めっちゃお得な下関・女子王座観戦ツアー!!

 昨年、児島競艇で好評をいただいた競艇ツアーを、今回は下関競艇「G1女子王座決定戦」(準優勝戦&優勝戦)で実施します。

新大阪発着の新幹線利用で、新幹線代、ホテル1泊2日(朝食付き)、競艇場までへのバス、競艇場入場券、観戦指定席券、記念品が全部込みで2万9800円(税込み)です。

どれくらいお得なのか?

まずは新大阪=小倉間の新幹線運賃。正規運賃で片道1万4050円です。往復で2万8100円。すでに旅行代金を突破しそうです。

宿泊は西鉄イン小倉。僕も泊まったことがありますが新しくて快適です。何よりも大浴場があるのがいい。疲れがとれます。ここはネットで格安で予約したとしても4500円はかかります。

小倉から下関競艇場までは楽々バス移動。電車に乗れば片道400円かかります。

入場料は100円。これもツアー代金に含まれています。2日分で200円。

指定席は500円。これもツアー代金に含まれています。2日分で1000円。

さらに!

2日間とも昼食つきです。これもツアー代金に含まれています。

さらに!さらに!

女子王座限定クオカードのプレゼント付き!2枚組で1000円分です。プレミアがつくかもしれません。

さらに!さらに!さらに!

下関競艇のキャラクターぬいぐるみもプレゼント!

さらに!さらに!さらに!さらに!

僕も下関競艇に出張します。要望があれば最終日に舟券予想コーナーなんかにも挑戦してみようと思っています。ピット取材担当なのでツアー代金がまるまる戻ってくるようなヒットを放ちたいと思っています。どうですか?楽しそうでしょ。ぜひ問い合わせだけでもしてください。詳細はこちら

以下、2月1日付けスポーツ報知(大阪版)より転載です。

 水上の格闘技「競艇」をライブ観戦しよう!
 来る3月2日から7日まで下関競艇場(山口県・下関市)で開催される「G1女子王座決定戦」の観戦ツアーを実施します。実施日は一番の盛り上がりを見せる準優勝戦、優勝戦が行われる3月6日(土)、7日(日)の1泊2日。

 当日は新大阪駅を出発(新神戸、姫路駅でも乗車可)、新幹線で小倉駅を経由してバスで競艇場へ。競艇界トップクラスの女子レーサーが繰り広げる“水上の女の戦い”を指定席でゆっくりと観戦していただきます。両日ともレース観戦のほかに赤間神宮や唐戸市場などを巡るオプションプラン(要別途料金)を選択することもでき、競艇のほかに観光も楽しめます。旅行代金は往復新幹線代に朝食付き宿泊代、競艇場入場券、観戦指定席券、記念品が付いて2万9800円(税込み)です。ふるって応募下さい。なお、20歳未満の方は参加できません。

 【募集人員】40人(最少催行人員20人)
 【宿泊】西鉄イン小倉(シングル・朝食付き)
 【締め切り】2月26日(金)
 【申し込み・問い合わせ】西鉄旅行大阪支店06・6222・5646へ。平日午前9時30分から午後5時30分まで受け付け。
 【旅行企画】西鉄旅行
 【協力】下関競艇、報知新聞大阪本社、アド報知

西鉄旅行のホームページでも募集中です。

http://yoyaku.nishitetsutravel.jp/TourDetail.aspx?tc=MSSA02950101

小倉のグルメ情報もアップする予定。以前紹介した、このお寿司屋さんにも行ってみてください。

https://weblog.hochi.co.jp/fujiwara/2009/07/post-6f0a.html

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/23316895

このページへのトラックバック一覧 締め切り迫る!めっちゃお得な下関・女子王座観戦ツアー!!:

コメント

 大山さんこんにちは。初めましてですよね?これからもよろしくお願いします。びわこの優勝戦おもしろかったですね。舟券が当たるとさらにおもしろいですよ。

参考にさせて頂きます。
競艇は面白いですね。
何卒よろしくお願いします。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

おすすめブログ

競馬ブログ「POGブログ」

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.