ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 元巨人・キャプラー、現役復帰で早くも4発 | メイン | KAZ揃って日本人野手最多8人出場 »

2008年4月17日 (木)

納得できない!全球団で「42」永久欠番

 今年も米大リーグ(MLB)各球場で、初の黒人(アフリカン・アメリカン)大リーガー、ジャッキー・ロビンソンのデビュー(1947年4月15日)を記念するセレモニーが行われ、各チームとも監督、選手ら330人がロビンソンの背番号42を付けてプレーした(そのユニホームはオークションを経て奨学金に充てられる)。

 幾多の迫害を克服し、閉ざされていた黒人選手の大リーグへの道を切り開いた人物。球界だけではない。黒人アスリートのプロスポーツ進出の一端を担っており、97年、マスターズゴルフで初めて黒人選手として制覇したタイガー・ウッズも「ジャッキー(ロビンソン)のように、多くのマイノリティー(少数民族)に勇気を与えたい」と“大先輩”に敬意を表したことでも証明されている。

 しかし、MLBの黒人選手の割合は1970年代は30%前後だったのが、昨年は史上最低の8・2%ということがセントラルフロリダ大の調査で明らかになった。その分、日本人も含めた外国人選手が今季も全体の28・0%を占めており、米国内の黒人層の野球離れを、海外からの選手で埋めている。黒人選手に門戸を開いたことは、他の有色人選手開放にもつながったのだから、ロビンソンの功績は計り知れない。

 ただ、一つ気になるのが、デビュー50周年だった97年、彼の背番号を永久欠番とすることを全球団に強いたことだ。その時点で着用していた選手は引き続き使用が認められたが、現役ではヤンキースの守護神・リベラただ一人になってしまった。

 実は2年前、「ロベルト・クレメンテ賞」に名を残すプエルトリコの英雄・クレメンテの「21」を全球団の永久欠番に―という動きがあった。その話を聞いたロビンソンの長女シャロンさんは「父は人種差別と闘い、その影響は黒人だけでなく、ラテン系の選手にも与えた。父の背番号だけが永久欠番にふさわしい」と、やや傲慢(ごうまん)とも取れるコメントを残した。

 ロビンソンをたたえることに異論はないが、各球団の色があっていい永久欠番を全球団に強いたセリグ・コミッショナーには、今でも納得できない。

コメント

そうですかね? 私は最初という事に意義を感じますがね。
何事でもそうだと思いますが、開拓者と言うのは大変ですよ!

私は米国に2年住んでましたが、LAのような先進的な地域でも
今も現実に差別は続いておりますし私も差別を経験しましたよ。

そういう経験が貴兄には果たしてございましょうかね?
日本人と言うだけで返事してくれなかったり蔑まれたり、握手を拒否されたような経験を貴兄はした事がございますか?
全球団に永久欠番を強いた事の一体何が悪いのでしょうか?
人種差別は絶対悪だと私は認識してますが貴方は違うのですか?
絶対悪に対して排除を強いる事は当然だと私は思いますがね?

「ロビンソンをたたえること」ですと? ロビンソンさんだろ!
貴兄より遥かに大きな偉業を達成なさった方を呼び捨てですか?
貴兄には先人に対する敬意を払う感情は無いのでしょうか?

私より8年ほど先輩の貴兄に対しては一応敬語は使ってますが、
既に亡くなられた方とは申しても年齢も経歴も先を行く御仁を
呼び捨てにするような貴兄を私は決して尊敬など出来ませんね!
ロビンソン氏の功績が計り知れないと本当に思うのならば、
日本野球界にすら何ほどの功績も残していない貴兄が、
ロビンソン氏を呼び捨てにするのは100年早くは無いですか?

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/12328234

このページへのトラックバック一覧 納得できない!全球団で「42」永久欠番:

サイト内検索

蛭間 豊章

ヒルマニアロゴ

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.