ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 新コミッショナーに何を期待するか(第396回) | メイン | 納得できない!全球団で「42」永久欠番 »

2008年4月15日 (火)

元巨人・キャプラー、現役復帰で早くも4発

 ◆メッツ7-9ブルワーズ(13日、ニューヨーク) 05年、巨人に在籍していたことで日本のファンにもなじみのあるブルワーズのキャプラー外野手が、優勝候補の呼び声高いメッツとの3連戦勝ち越しの立役者となった。13日は初回、昨年15勝した左腕ペレスから2戦連発となる先制の4号2ラン。その後も二塁打2本で3安打3打点をマークした。

 「試合ごとに打席に立つときの心構えを考えている。今はプレーするのが楽しくてしようがない」左腕投手限定出場ながら26打数11安打の打率4割2分3厘、11打点と絶好調の筋肉マンは話す。
 05年Rソックスから総額270万ドルで巨人入りしたが、不振で7月に解雇された。G党にとっては派手な活躍よりも、ボディービル雑誌の表紙を飾るほど鍛え上げられた体の割には、打球が前へ飛ばないという印象が色濃く残っているだろう。
 その後、メジャー復帰したが、アキレス腱(けん)断裂もあって06年12月に現役引退を発表。昨年はレ軍1Aグリーンビルの監督に専念した。しかし、9月に「若い選手のプレーするのを見てまたやりたい、という気持ちになった」と復帰を宣言すると、ブ軍がマイナー契約を結んだ。
 FAで獲得したキャメロンが薬物規定違反で開幕から25試合出場停止が決まったための緊急避難的な措置だったが、ヨスト監督は「彼は(指導者として)素晴らしい経験をして、それが今のプレーに生かされている」と褒めたたえた。現在の調子を保てれば、キャメロン復帰後も左腕キラーとして26年ぶりのポストシーズン進出を狙うブ軍の貴重な戦力になるのは間違いない。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/12315542

このページへのトラックバック一覧 元巨人・キャプラー、現役復帰で早くも4発:

サイト内検索

蛭間 豊章

ヒルマニアロゴ

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.