ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 西鉄の復刻ユニホーム、そしてピアザの現役引退(403回)  | メイン | “らしくない”イチロー心配 »

2008年5月25日 (日)

イチロー「審判が退場すべき」 スーパースターにあるまじき発言

 ◆ヤンキース13―2マリナーズ(23日・ニューヨーク) マリナーズのイチロー外野手(34)が、敵地でのヤンキース戦で4打数無安打。2回、2打席連続での見逃し三振の判定に激怒、ディミュロ球審に猛抗議し、同じくクレームをつけたマクラーレン監督が退場となった。試合後、イチローは「審判が退場すべきですね」とメジャーではタブーの審判批判発言。今後、波紋を呼びそうだ。試合は4番に復帰した松井秀喜外野手(33)が3安打2打点をマークするなどヤ軍が圧勝した。

 第1打席、左腕ペティットの内角低めのスライダーを「ストライク」と判定された時、ディミュロ球審を横目でにらんだだけだったイチロー。1点を先行した2回、2死一、二塁。フルカウントからの内角スライダーを再び「ストライク」とコールされると、猛然と食い下がった。三塁ベンチからはマクラーレン監督も飛び出して抗議。退場となった。

 試合後、「(元中日の)大豊さんが怒った気持ちがよく分かる。きょうは審判が退場すべき」とイチローは吐き捨てるように言った。ディミュロ球審が97年、セ・リーグで審判を務めていた際、判定を巡って大豊とトラブルになった事例を出し、皮肉った。昨年も審判には厳しい発言を繰り返していたが、米大リーグでタブーとされる“審判批判”は、今後、物議を醸しそうだ。

 テレビで見る限り、第1打席と同じような軌道のボール。追加点のチャンスだっただけに、バットコントロールが自慢のイチローならカットできたのではないか。

 今年のイチローは走者得点圏で34打数5安打、打率1割4分7厘とさっぱりだ。デビューした01年の4割4分5厘を筆頭に、昨年まで得点圏通算打率が3割5分1厘と勝負強さが持ち味だっただけに、首をひねる成績。好機での三振も、この試合を含めて7個と安打数を上回っている。“安打製造機”で1番打者のイチローが適時打を放てば大量点に結びつくが、三振ではチームのムードに水を差すことになる。

 過去7年、5月23日時点ではすべて3割をキープ(最低は03年の3割1分4厘)していた。1試合で1人の投手に2度見逃し三振は03年T・ハドソンに次いで2度目の屈辱。この日の抗議も、一向に復調しない自らの調子、そして、予想していた配球とは違う攻めをされたふがいなさへの怒りだったのか…。いずれにしても「審判が退場すべき」というコメントが本音なら、スーパースターにあるまじき発言、と言わざるを得ない。=随時掲載=

 ◆ディミュロと日本 父親もメジャーの審判員だったディミュロ審判員は3A時代の1997年、技術向上を目的とした日米審判交流の一環で来日。セ・リーグでジャッジした。6月5日の中日・横浜戦で球審を担当した際、中日・大豊泰昭選手がストライクの判定に猛抗議。退場処分を言い渡した時に胸を突かれ、「身の危険を感じた」と辞任してしまった。米国のストライクゾーンで判定していたことで、以前にもトラブルがあり、わずか3か月での帰国となった。

コメント

同感です 最近のイチローは審判に 異常なぐらい神経質になっていますね
自分の成績がイマイチなのと チームの状態がひどいのも影響していると
思いますが 心配なのは コメントが審判に対して 上から目線で
自分が正しいんだと 相手を軽蔑するような 発言が目立ちますね。。

ただ日本ではイチローのマイナスイメージの記事を なるべく載せない
見たいな中で 真実を発言している 蛭間さんは真のジャーナリストだと
うれしくなります

蛭間さん、はじめまして。失礼ながら今回の記事で初めてこちらに訪問させていただきました。

2年前のとある野球大会での発言以降、数々の名言を残し書籍などでそれなちの収入を得ているイチローとは思えないほどのコメントが続いているのが気になっていましたが、今回の件から察すると、日本から来た駐在記者と現地マスコミ、それと球団広報との関係が上手く行ってないのかと勘繰りたくなります。

それにしても、「審判が退場すべき」という言葉を何の制約もなしに記事として扱ってしまう姿勢もどうでしょうか。これが本当なら現地でも同じように報じられ、機構から何らかの処罰が加えられても可笑しくはない問題発言だとは思いますが、今のところ音沙汰も無いようで、今度は自分の感覚を疑りたくなってしまいます。

例え、ストレスが溜まっていようが野球=審判を蔑むようなコメントは見たくないですね。

最近の審判は、質が悪いくせに、すぐに退場のコールをすれば良いと思っているように見える、選手や監督に物申す暇なく「退場」を連呼するのは自信が無いからなのか?上から目線は審判の方ではないかと思います、選手、監督よりも審判が偉いのか?直ぐの退場コールでは選手はやり切れない思いでは。

審判は試合において絶対的である。
だからこそ、公正公平でなければならない。
しかし、必ずしもそうでない以上不満が出てくるのは当たり前。
いくら、イチローといえど本当に我慢ならないときだってあるだろ。

ここは全体的にイチローを目の敵にしている感が否めない。

イチローのことをとやかく言うよりこの審判の技術が全くペケだということ。全世界で問題になっているアホ審判なんだから。

イチローの発言自体にも問題はある。それを踏まえた上でもあなたの記事の書き方は為っていない。

記者は「実際」に起こった出来事のみを記事にすべきだと思うし、起こった事ならアナタの目線を入れるのであれば、証拠を乗せるべきだ。

これが、こうだから、こういう結論に至った。っと記者は書くべきである。

今回のは証拠映像もあるだろうしその映像を見て実際はどちらの言い分が正しいのかを客観的に判断し、それの結果を記事にするのが貴方の仕事ではないだろうか?

このような記事は吐き気がする。それほど貴方の記事には嫌悪を抱く。

全ての記者は記者として間違っていると俺は思っている。
真に記者を名乗るならもっときちんとした記事を書くことだ。
貴方の記事は貴方の主観しか入っていない。
それは情報操作と同じである。

主観を入れるのは構わない。それでも私の「考えは」という一文をきちんと付けるべきである。私はこうで、こういう事情によりこう判断するに至った。そういう風に記事は書くべきだ。

それも出来ないなら記者などやらなくていい。
ここのコメントの一番最初の方みたいな発言が増えて困る。私からすれば貴方は他の記者同様である。

「経験」によって貴方達記者は歪む。 形式通の書き方でそれが人を操っているということを理解しているのに、貴方達はそれを理解していない・知らない・読者の勝手だ。と言い切っている。

一種のマインドコントロールであり、凶器であることを理解してメディアは使ってほしいと心から思う。

メジャーの審判はプライドばかりがいっちょ前で、くだらないミスが多すぎて、それに見合う技能が身についてないものが少なくないようです。(解説時に村上雅則氏が指摘していました)
一発殴られてもしょうがないケースもあるので、メジャー機構はそのような不良審判に対し、もっと厳密にペナルティーを科してほしいものですね。

イチロー選手が,シアトル に入団した2001年からMajor league の試合を見続けていますが、審判の質の低さには慣れっこになりました。兎に角ひどい。よく解説者が、-今日は低めをとってくれませんね。-などと普通に言ってますけど、日本の審判だったらありえないことだと思います。明らかに同じ所に投げている球をストライク、ボールの両方でコールしてしまう。初めは、一部の審判だけかと思いましたが、何のtrainingもうけていない烏合の衆にしか見えなくなり、まあこんなものかといった境地です。一つ思えるのは、審判団に絶対的な権限を与えているのは、選手がその度苦情を言っていたら、試合にならなくなってしまうからではないのでしょうか?過去にそんな事ありませんでしたか?

> 一つ思えるのは、審判団に絶対的な権限を与えているのは、
> 選手がその度苦情を言っていたら、
> 試合にならなくなってしまうからではないのでしょうか?

ですね。
抗議してストライクをボールにしてそれに対する守備側の抗議がきて。
映像は、ビデオの数量、位置と角度が大変と思います。

MLBの選手と同じで審判団も大きなピラミッドを形成している。
そのすそ野の方でやってる野球チームもおりますし
なにしろ審判いなくなったら草野球もなくなる。(悲)

イチローでも判断ミスもエラーもミスショットも
年に何回かはするでしょうに。審判のミスに遭遇したら
イレギュラーヒットのお返しくらいに思ってくださいな。

私もスーパースターにあるまじき行為だと思いますけど。

この記事の僅か4か月後
かのお坊ちゃま審判は

2008年9月19日にトロピカーナ・フィールドで行われたタンパベイ・レイズ対ミネソタ・ツインズ戦の4回裏、レイズのカルロス・ペーニャが放った打球を一塁塁審だったデイミュロはフェンス間際でファンが触ったと判断し二塁打と判定したが、その後ビデオ判定で本塁打と訂正された。

更に

2012年6月26日に行われたヤンキース対クリーブランド・インディアンス戦の7回表、左翼手がスタンドに飛び込みながら捕球を試みたもののボールをこぼした場面で、三塁塁審のディミュロは落球の確認を怠り、誤ってアウトの判定を下した[5]。これに怒って抗議した打者のジャック・ハナハンに退場を宣告したこともあり、試合後に大きな問題となった。

つまりは、この程度の意識、この程度の技術のお坊ちゃま審判という事。

審判の上位ランク保持者に、いわゆるWASPが多い事も含めて
審判の方が寧ろ選手に喰わせて貰っているという認識が足りないんだね。

まぁ、アメリカのWhiteTrush WhiteFatPigにはありがちな
勘違いだなwwww

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/12665568

このページへのトラックバック一覧 イチロー「審判が退場すべき」 スーパースターにあるまじき発言:

» “史上最高の右打者”のちょっといい(&誰かさんに聞かせたい)話 トラックバック 上田龍公式サイトRyo's Baseball Cafe Americain Annex  「店主日記」
メジャーリーグには二度の三冠王を達成した打者が二人いる。ひとりは「最後の4割打者」として知られるテッド・ウィリアムズ、もうひとりは右打者として史上最高の生涯打率.358をマークしているロジャース・ホーンスビー(カージナルス他)だ。... [続きを読む]

サイト内検索

蛭間 豊章

ヒルマニアロゴ

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.