ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 済々黌と甲子園審判のナイスプレー(695回) | メイン | 31年ぶりの2000安打組の大量引退か(697回) »

2012年8月22日 (水)

同姓同名ビリー・ハミルトン、“本家”越えるか(696回)

 レッズ傘下2Aペンサコラのビリー・ハミルトン内野手が21日、モンゴメリーとのダブルヘッダー第1試合に4盗塁を決め43盗塁。1Aベイカーズフィールドの104個と合わせて、合計147盗塁のマイナー年間最多記録をマークした。メジャー記録は、1982年リッキー・ヘンダーソン(アスレチックス)の130盗塁だったが、マイナーでは1983年カージナルス傘下のV・コールマンの145盗塁。29年ぶりに更新した。

 1990年生まれの21歳。185センチ、72キロの細身ながらミシシッピー州立大からアメリカン・フットボールのワイドレシーバーとして奨学金のオファーがあったほどの快足が売り物の内野手。2009年レッズで2位指名。打撃は非力ながら年々レベルアップ、昨季1Aデイトンのレギュラーとして135試合で103盗塁。今季は出塁率が昨季の3割4分から4割1分7厘に大幅アップし、盗塁数が飛躍的に伸びた。新記録となる146個目の盗塁を決めた時には、米大リーグでも指揮を執ったことのあるペンサコラのジム・リグルマン監督らが、駆け寄って祝福。試合後には母親ポリーさんもスタンドから降りて抱き合い、ハミルトンは「言葉にならないほど感激している。(プロ入りした際に)こんな記録を作るなんて思いもよらなかった。それが、昨年(1Aデイトンの)デシールズ監督に巡り会って、すべてが変わったんだ」。野茂英雄投手がドジャース入りした際にレギュラーの二塁手で、メジャー通算463盗塁したデリーノ・デシールズ監督の指導を一番に挙げた。

 一方、1985年カージナルスに昇格して3年連続100盗塁、6年連続ナ・リーグ盗塁王(通算752盗塁)となった、従来の記録保持者コールマンはハミルトンについて「彼には、どのレベルでも野球は変わらないと言いたい。今2Aだが、彼を見守って行きたいと思っている」とエールを送っている。マイナー合計121試合で147個。残り12試合でどこまで積み重ねるか。そして今後、米大リーグで活躍するのか楽しみは膨らむ。

 将来が楽しみなビリー・ハミルトンだが、もう一つ記録マニアにとって注目されているのが、実は19世紀に同姓同名で野球殿堂入りも果たした快足選手がいることだ。4度の100盗塁含む通算912盗塁(MLB.comより)。通算打率も3割4分4厘をマークした左打ちの外野手だ。同姓同名で大リーグでそろって活躍するケースには、親子以外で私が真っ先に思いつくのは、そろって200本以上の本塁打を放ったフランク・トーマス。ハミルトンが100年以上の時空を超えて“本家”の記録をどこまで迫るか注目したい。

コメント

国内でも同姓同名の選手の活躍があったらいいですね。
同時期の在籍だと、古くは日本ハムの田中幸雄投手、内野手。
今では日ハムとカープのサイトウユウキになるでしょうか?

いつか、第二の鈴木一朗、松坂大輔、田中将大などが出てきたら嬉しく思います。

お知らせです。
会社の倉庫整理のため、MLB各球団のメディア・ガイド2000~2004年まで処分することになりました。もし、着払いでも構わないという方がいらっしゃいましたら、5冊まで発送します。希望者は、このコメント欄で年度、チームをお書きの上送って下さい。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/29602543

このページへのトラックバック一覧 同姓同名ビリー・ハミルトン、“本家”越えるか(696回):

サイト内検索

蛭間 豊章

ヒルマニアロゴ

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.