ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 野球殿堂記者投票への考察⑬(1971年度)3年ぶりに競技者での当選者なし。投票5位の蔭山和夫、近年の投票の傾向なら殿堂入りしていた可能性も | メイン | 46年前より深いのか野球賭博の闇(第836回) »

2016年3月10日 (木)

野球賭博問題、マック鈴木氏に聞く

 日本人で初めてアマチュアからメジャーリーガーとなった元マリナーズのマック鈴木=鈴木誠=さん(40)に、メジャー選手会が毎年キャンプ中に行っている賭博セミナーについて聞いた。彼はその時の言葉を守って、台湾時代に暴力団から八百長を勧誘されながら拒否したことも初めて明かしてくれた。
   絶対やるな 米国、メキシコ、台湾、ドミニカと世界の野球を股にかけたマックさんは、野球への敬意を忘れない。
 それが培われたのが、米国時代のキャンプでの大リーグ選手会によるセミナーだった。独立チームのサリナスから18歳でマリナーズと契約、いきなり招待選手でメジャーキャンプに参加。「まだ英語がよく理解できなかった時期でした。選手としてのいろいろな注意事項がありましたが、一番強調していたのが『野球賭博は絶対やってはいけない』というお達しでした。永久追放になっているピート・ローズだけでなく、かつてウワサにのぼった選手を実名で出すなど、具体例を出して注意喚起をしてくれました」
 米国では、ラスベガスなどで野球などプロスポーツを対象にしたギャンブルが合法化されている一方で、非合法で野球賭博も行われている。通算最多安打記録を持つローズは、1989年に手を出したことが発覚し、当時のジアマッティ・コミッショナーから追放処分を受けた。再発を避けるため、メジャーキャンプでは、毎年欠かさず選手会関係者が語り継いでいる。そこでは、合法のギャンブルであっても手を出してはいけないと説いているそうだ。

 マックさんはその言葉を現役時代、忘れずにいた。08年の台湾・LaNew時代には、暴力団関係者に軟禁され、当時台湾球界を揺るがせていた八百長を持ちかけられた。もちろん、敢然と拒否してその場から立ち去った。
 そんな経験をしているだけに日本球界の現状がもどかしい。「オリックスでもプレーしましたが、選手会関係者に賭博について強調された覚えがない。それに、日本では米国に比べ、2軍の生存競争が激しくない。シーズン中は野球漬けにならなくては」と憂慮した。
 今回の事件は、本人だけでなく球団、選手会など球界全体で考えるべきだと話している。


 ◆マック鈴木(本名・鈴木誠)1975年5月31日、兵庫県生まれ、40歳。滝川二高を中退し16歳で渡米。191センチの長身から投げ下ろす速球を生かし、93年にマリナーズと契約。96年日本プロ野球を経由しない選手では初のメジャー昇格。98年から02年まで延べ5チームでメジャー通算16勝(31敗)をマーク。03年に帰国し、オリックス2年間で5勝15敗。その後、メキシコ、台湾などでプロ野球を経験した。現在は神戸での野球教室の傍ら、淡路島のスポーツジム「サンライズマックジム」顧問を務める。夫人はお笑いコンビ・クワバタオハラの小原正子。

コメント

穏当な意見ではありますが、それじゃ賭博への意識が変わって練習が増えたら好転するかというと日本的?巨人的?には違うというか、やはり巨人は特別な球団なのだと割り切ってナインにひきこもって修行僧のような生活過ごしてもらっても、違うやり方で漬け込んでくるでしょうね。「えっ、これ違法なの!?一度は許してくれないと喋れないよ」といった類で。

毎日このブログをチェックしているわけではなく、しばらくぶりにきましたが、なぜ、ずっと野球殿堂のことを振り返っているのでしょう。
賭博問題に触れたくないからですか?身内には甘いですなぁ・・・とあるサイトでは、巨人は一年活動停止でも良いくらいと言われているくらいに批判されているのに、この温度差は何なんだろう・・・
マック鈴木のことにちょっと触れて、球界全体で・・・なんて、甘いにもほどがあります

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索

蛭間 豊章

ヒルマニアロゴ

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.