ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 野球殿堂記者投票への考察=第38回(1995年度) 日本シリーズ4戦4勝の杉浦忠。殿堂入り発表日に球界に苦言。西村正夫は資格最終年も落選 | メイン | 野球殿堂記者投票への考察=第40回(1997年度)初の規定票数ジャストの大杉勝男が「天国から殿堂入り」 »

2016年9月18日 (日)

野球殿堂記者投票への考察=第39回(1996年度)鉄人・衣笠祥雄、悲運の名投手・藤田元司殿堂入り

Fujita

 前年1票足らずに落選した藤田元司が有資格3年目で199票獲得。当選に必要な174票を大きくクリアして殿堂入り。衣笠祥雄も4度目の挑戦で188票を獲得。1968年にユニホームを脱いで5年という規定となってからは49歳の衣笠は最年少選出(現役監督OKだった1965年川上哲治45歳、同年鶴岡一人49歳)だった。3位以下は3位近藤貞雄148票、4位大杉勝男139票、5位広瀬叔功104票、6位古葉竹識98票、7位松永怜一75票、8位梶本隆夫52票、9位関根潤三52票、10位根本陸夫50票。明治大・島岡吉郎、早稲田大・石井藤吉郎に次いでプロ未経験のアマチュア指導者として元法政大監督で、1984年ロサンゼルス五輪、公開競技ながら野球部門で米国を破って世界一に導いた日本代表監督の松永怜一がノミネートされた。

 藤田は、慶応大では31勝19敗ながらリーグ戦優勝は1年生春のみ、社会人野球の日本石油では1956年の都市対抗優勝で橋戸賞を受賞した。読売ジャイアンツでは1957年からデビュー3年間で173試合、924回2/3を投げ73勝(通算119勝)してリーグ優勝に貢献。しかし、日本シリーズで13登板63イニング投げながら1勝5敗で1度も日本一に手が届かなかった。もっとも、控え投手になった1963、65年に日本一。投手コーチとしてもジャイアンツ9連覇を支えた。そして、長嶋茂雄、王貞治という人気抜群のONが解任された際に就任したジャイアンツ監督で、1981年、1989年と2度日本一に導いた。受賞の報に「光栄だと思う反面、私ごときがという気持ちがある。いいレールに乗せてもらって、幸せな野球人生が送れました」。稲尾和久、杉浦忠の酷使がクローズアップされているが、藤田も前記したように過密登板で寿命を縮めたとされる投手の一人。「必要とされれば毎試合投げてもいい、早くつぶれてもいいと思った」。監督に関しては「最初の監督の時は負けてなるものかと肩ひじをはって頑張った。2度目はお役に立てれば、という気で引き受けた」。最初は西本聖が一流となり、2度目は斎藤雅樹をエースに仕立てたのも忘れられない。

Kinugasa 衣笠祥雄は2215試合連続出場のプロ野球新記録が評価されての殿堂入りだ。広島カープに入団当初、東京遠征で後楽園球場に隣接されていた野球博物館を訪れ、展示されていた通算1000試合出場者の名前を見て「自分もそういう選手になりたい」と思い、猛練習に励み試合に出続けたという。前述のように40代での殿堂入りには「数多い先輩に申し訳なく複雑な気持ちですが、球団や家族や関係者に支えられてここまで来られたことを光栄に思っています」。ルー・ゲーリッグが持っていた大リーグ記録2130試合出場更新を目標にしていたこともあり、1986、87年、最後の2シーズンは見ていて痛々しい限りだったのを覚えている。それでも通算504本塁打した一方で266盗塁。思い切りのよいプレーでファンを魅了。また、死球を喫してもまず痛い顔せずに一塁に駆け込む姿も印象的だった。国民栄誉賞は個人的には政府の人気取りの賜だったのでは…。

 特別表彰では日本高校野球連盟の牧野直隆会長と東京ドーム保坂誠社長の2人の85歳が選出された。偶然にも2人は慶応大時代の同級生だという。牧野は遊撃手として同級生だった水原茂(1977年殿堂入り)と三遊間コンビを組んだ後、鐘紡に入社し1934年に全大阪の三塁手で都市対抗優勝。同年の日米野球にも出場し、慶大OBの三宅大輔(1969年殿堂入り)からプロ野球に勧誘されたが固辞したという。戦後は全鐘紡総監督として都市対抗野球不滅の3連覇(1950~52年)。高野連会長では阪神淡路大震災の直後のセンバツ大会挙行を決断した。保坂は国内初のドーム球場完成に尽力。野球殿堂博物館を無償提供した。7月21日東京ドームで行われる予定のオールスター第2戦の試合前に予定されていた表彰式を楽しみにしていたが、6月14日に肺炎のために急死。葬儀は社葬として東京ドームで営まれ、長きにわたって日本プロボクシングコミッションのコミッショナーも務めたことで、6500人が参列したという。

【注】敬称略。写真は、投手の基本のような全盛時の藤田元司のフォームと、連続試合出場でルー・ゲーリッグを抜いた時の衣笠祥雄。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索

蛭間 豊章

ヒルマニアロゴ

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.