ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 2018年12月 | メイン | 2019年3月 »

2019年1月

2019年1月15日 (火)

権藤さん大願成就の殿堂入り(第855回)

Pip190115ht1050102000003

 野球殿堂博物館から今年の野球殿堂入り関係者が発表された。プレーヤー部門は通算487二塁打のNPB記録保持者で通算2480安打も歴代8位の立浪和義、エキスパート部門は1961年新人投手として69試合に登板し35勝をマーク。「権藤、権藤、雨、権藤」とのフレーズが当時の登板過多ぶりを物語って後世にも語りつがれている。しかし、その経験を活かして、その後名指導者として日本プロ野球界に貢献した権藤博が選出された。


 昨年のプレーヤー部門の松井秀喜、金本知憲、エキスパート部門の原辰徳(特別表彰は瀧正男)の派手な表彰式だった事を考えれば、やや地味な感があるが、主軸とは言えなかったものの、長い間安打を刻み続けていた立浪は春夏連覇を記録したPL学園の中村順司元監督がゲストとして参加。中村元監督も言っていたが、昨年亡くなってなかったら中日の監督だった星野仙一がゲスト出演したはずだ。

 立浪は5度目のチャレンジ。昨季は34票不足だったが、今年は当選に必要な279票を8票上まわった。1988年の中日のリーグ優勝にはPL学園から入団した新人・立浪の存在が多きかったのを思い出す。遊撃、二塁、三塁と3ポジションでゴールデングラブ賞を受賞する一方でシュアな打撃で通算487二塁打のNPB記録を樹立した息の長い選手だった。

 一方、権藤博は2007年の競技者表彰部門で220票を獲得しながら9票足らずに終わり、資格を失ってエキスパート部門に回っていた。今回、11度目のチャレンジで念願叶った。

続きを読む »

サイト内検索

蛭間 豊章

ヒルマニアロゴ

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.