ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 勲章 | メイン| 大会こぼれ話(1) »

2011年11月 1日 (火)

コースについて

今日のゴルフ取材でタレントの森脇健児さんに会いました。

森脇さんも大阪マラソンを4時間55分12秒で完走されており、コースについて話しました。

私が今回一番うれしかったのは沿道の声援。

レース直後にも書きましたが、特に西成のおばちゃんの声援は格別でした。

森脇さんも同じ感想でした。

「世界に誇れるコースだ」と。

しかし大会直後の組織委による会見では、「USJをゴールに」との案が出されました。

理由は住之江公園からの10キロの景色が単調だから。

確かにその通りでした。

(ただ、もうその10キロは景色なんて楽しむ余裕はありませんでしたが…。)

たとえば、USJゴール案が実現したとして、一番心配なのは西成路を通れなくなるのでは、ということ。

あの声援は、最近の言葉で言えば「ハンパねえ」でした。

感想の原動力になったのは言うまでもありません。

よく選手が「沿道の声援は全部聞こえています」と言いますが、全くその通り。

全部聞こえていました。

森脇さんも「あの声援は間違いなく世界一。変える必要はない」とのこと。

たとえばどうしてもUSJをゴールにするなら、京橋や通天閣の折り返しをもっと手前にしてでも、西成は絶対に走りたい。

そう思ったランナーは少なくないと思います。

どのように決まるのか、注目しています。

まぁ、次回も走れれば。の話ですが…。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.