ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 2014年10月 | メイン | 2015年2月 »

2014年11月

2014年11月 4日 (火)

大阪マラソンを終えて⑧

大阪マラソンの魅力って、何ですか。

よく聞かれます。

あまり他のレースを走ったことがないので比較できないのですが

最大の魅力は、生まれ育った大阪を感じながら走ることができること。

これに尽きます。

大阪出身以外の人には分からないかもしれないですが、

一般的に「大阪人」と呼ばれる人々は大阪が大好きです。

その大阪の名所を回るかのようなコースが、愛される要因でしょう。

「USJ」あたりも走りたいと思うのは、ボクだけでしょうか。

2014年11月 3日 (月)

大阪マラソンを終えて⑦

着ぐるみ軍団は、今年も多かったです。

特に「妖怪ウオッチ」系が急増。

沿道のあちこちで子供から完成が上がっていました。

毎年のウエディングドレス姿の女性(なかには男性も)や

バットマンやスーパーマリオといったコスプレ系も。

あの暑さだったので、みんなくたばっていました。

足を故障したとはいえ、最後に革靴でスーツ姿のランナーに抜かれました。

相当、疲れたと思います。

ゆっくり休んでください。

2014年11月 2日 (日)

大阪マラソンを終えて⑥

今回、無駄を省くというか、過去3回と比べ、不必要な出費を抑えたように感じました。

出走許可書(?)は郵送ではなく、ネットからダウンロードできました。

前日にゼッケンを取りに行った際、出展ブースがいい具合にコンパクトにまとまっていました。

自分自身が走るのも遅かったですが、給食や給水が前年より少なかった気がしました。

25度近い気温もあったと思いますが、予想外の早い「売り切れ」。

食べたければもっと早く走れ―

マラソンの神様の叱咤激励かもしれません。

2014年11月 1日 (土)

大阪マラソンを終えて⑤

6時間を越えてしまった最大の要因は

右足の負傷でした。

レース翌日に精密検査を受けた結果、ごくわずかですが亀裂骨折している部分がありました。

そりゃ、走ることはできません。

自己ベストから2時間近く遅れた理由が分かり、ある意味ホッとしました。

でも、走っている時は暑さと痛みのミックスで訳が分からなくなりました。

20キロ以降はまさに苦行。

今、思い出しても、痛みがぶり返してきます。

筋肉痛がとれましたが、今は治療に専念します。

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.