« 24日(土)冬桜賞予想ほか | 1月5日(木)中山金杯予想ほか »

2016年12月24日 (土)

25日(日)有馬記念予想ほか

 中央競馬は明日がラスト。競馬歴30年で収支がプラスマイナスゼロという年が何度かあります。1年のプラス分を有馬に全て投入→撃沈のパターン。マイナス分を埋めようと勝負→成功したパターン。

 でも今年はしっかり収支をつけていないんですよね。ちょっとだけ浮いている感覚はあるのですが、果たして…。

12月25日(日)中山10R 第61回有馬記念 

馬名S性齢斤量替 騎手
1 1 キタサンブラック 牡4 57 武豊
1 2 ゴールドアクター 牡5 57 吉田隼人
2 3   ムスカテール 牡8 57 中谷雄太
2 4   ヤマカツエース 牡4 57 池添謙一
3 5   サムソンズプライド 牡6 57 *横山典弘
3 6 サウンズオブアース 牡5 57 M.デム
4 7   マルターズアポジー 牡4 57 武士沢友
4 8 ミッキークイーン 牝4 55 浜中俊
5 9   ヒットザターゲット 牡8 57 *田辺裕信
5 10   アドマイヤデウス 牡5 57 岩田康誠
6 11 サトノダイヤモンド 牡3 55 ルメール
6 12   サトノノブレス 牡6 57 シュミノ
7 13 デニムアンドルビー 牝6 55 バルザロ
7 14 シュヴァルグラン 牡4 57 福永祐一
8 15   アルバート 牡5 57 *戸崎圭太
8 16 マリアライト 牝5 55 蛯名正義

 【中山・10R】唯一の3歳馬サトノダイヤモンドは、今年の牡馬クラシック戦線をけん引。皐月賞3着、日本ダービー2着ときて、3冠最後の菊花賞を制しました。超ハイレベルの世代でトップと言っていい存在です。

 ジャパンCを悠々逃げ切ったキタサンブラックは強敵ですが、逃げなきゃ意味がないマルターズアポジーがいて、前走ほど楽な競馬にはならなそう。キタサンが動く時がレースが動く時だと思いますが、サトノダイヤモンドには、その瞬間を見ながら仕掛けられる自在性があります。

 菊花賞からのローテーションは、ナリタブライアン、マヤノトップガン、マンハッタンカフェ、ゴールドシップ、オルフェーヴルと勝ち馬が出ていて、3歳にとって最高のステップ。この秋さらにスケールアップした感もあり、古馬陣を一気に制圧しての戴冠も可能性は十分でしょう。

 相手本線は半年ぶりのエリザベス女王杯(3着)を叩いて上昇ミッキークイーン、体が絞れたゴールドアクター。馬連(11)から(8)(2)を厚めに(6)(1)(14)(16)(13)まで。

コメント

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.