« 23日(金)ノエル賞予想ほか | 25日(日)有馬記念予想ほか »

2016年12月23日 (金)

24日(土)冬桜賞予想ほか

 中山大障害のオジュウチョウサンにはしびれましたね。前半から首をグッと下げる力感あふれるフォームで3番手を追走。飛越ごとに大歓声があがる祭り状態の中山競馬場を悠々と駆け抜け、春秋障害G1制覇を果たしました。絶対負けられない戦いで落ち着き払っていた石神騎手もさすがでしたが、やっぱりこの馬凄すぎる。まだ5歳。これからも勝ち続けることでしょう。フレッシュな新星の誕生も待ちたいところです。

12月24日(土)中山9R 冬桜賞

馬名S性齢斤量替 騎手
1 1   エルヴス 牝2 54 *津村明秀
1 2 ジョイフル 牡2 55 柴田善臣
2 3   ビービーアングラー 牝2 54 松岡正海
2 4   スズカグラーテ 牝2 54 *中谷雄太
3 5   ヴィーグリーズ 牡2 55 丸田恭介
3 6 グッドヒューマー 牡2 55 勝浦正樹
4 7   メイショウオオヅツ 牡2 55 *石橋脩
4 8 テンザワールド 牡2 55 松田大作
5 9 バリンジャー 牡2 55 *戸崎圭太
5 10 ディオスコリダー 牡2 55 *和田竜二
6 11 カムカム 牡2 55 *木幡巧也
6 12   メイショウグジョウ 牡2 55 *内田博幸
7 13   キタノユーリン 牝2 54 *石川裕紀
7 14 ポッドジーニー 牝2 54 長岡禎仁
8 15   アポロミッション 牡2 55 *吉田豊
8 16 ハルクンノテソーロ 牡2 55 *吉田隼人

 【中山・9R】ハルクンノテソーロは、初戦の芝で脚を余しながら差し込んでの2着。2戦目はダートに投入され、逃げ切っての勝ち上がり。条件不問のたくましさを備えています。しかもその2戦目で下した2着馬シゲルコングは、その後の交流G1、全日本2歳優駿で2着。3着のハングリーベンは交流G2、兵庫ジュニアGPで2着、全日本2歳優駿で7着に入るなど、ハイレベルの一戦でした。重賞で良績のないこの相手なら負けられないところでしょう。馬連(16)から印通りに流します。

コメント

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.