2010年8月: 競馬ブログ「現場発!POGブログ」

ブログ報知

スポーツ報知 | スポーツ報知競馬 |  ブログ一覧

« 2010年7月 | メイン | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

またまたお久しぶりですが…

どーも、何日ぶりの登場でしょうか。サカタニです。実は、世界一周旅行に行っておりまして…。というのは冗談です。

今週は夏競馬もラストですし、本日からは気合いを入れてできる限り更新していきたいと思います。

それではぼちぼち本題へ

続きを読む »

予定外の更新です~北の大地の忘れ物2~

なぜ、お前が今日も?って方、スイマセン。今日も山本です。急に更新した理由については本記の前半にて。

さて、今回の北海道出張中、本拠地の札幌競馬取材を中心に、ずっとパートナーを務めてくれたのが東京の牧野先輩。春のサンチバ取材でもお世話になっております。そういえばボクの北海道取材で、ほとんど東京から来ているのが牧野先輩のような気がするなぁ。当然、この数年、ススキノへ「寄贈」した額は数知れず、この旅、最後の日曜日もメシ→飲み、そして他紙の記者さんが入ってのスープカレー締めっていう感じで、1時前後にホテルへ帰ったんです。

そうそう、今回の出張、ラーメン締めと同じくらいにスープカレー締めっていうのが多かったんです。結構、サイドメニューでスープカレーを置いているバーも多くて、イメージ的にこの暑い夏にそんなフィニッシュが辛いって思いません?確かに汗はドボドボとかくんですが、その汗とともにきついアルコールが飛ばされるのか、胃の中に重さも残らずに、次の日の目覚めはなかなか清々しいもんでした。それに「もう一件…」てな感じにもならないですからね。

続きを読む »

先週の取材から

 おはようございます。内尾です。先週の取材の中から、いくつか書きたいと思います。中山助手に聞いたウインバリアシオン。取材した池江寿調教師からはオルフェーヴル、トーセンレーヴの2頭。それと小牧太騎手に聞いたバラードソングミッキーマスカットについて。それでは、今日もよろしくお願いします。

続きを読む »

2010年8月30日 (月)

個人的、そして世の中的な大物~北の大地の忘れ物1~

こんにちは、泣く泣く北海道を旅立ったヤマモト、失礼、山本です(サ〇タニみたいでスイマセン)。

さて、この3、4年、1年で嫌なことランキングなんていうのがあるとするならば、必ずベスト5に入ってくるのが、北海道帰りの飛行機から降りた瞬間の熱気なんです。このモワッとした熱気はたまりません。しかし、今年は北海道もなかなかの熱気。今年はアッサリと本州モードに順応するかな、って思ったんですけど、結果的に甘かった。この熱気は何だ!って叫びたいぐらいの暑さ。歩いて3分で汗ダラダラですわ。目の前の大きな気温計は33度。けど、コンピューター相手に「ごまかしてんじゃないの」ってなぐらいに暑い!北海道とは気温が同じでも暑さの質が違うんでしょうね。

さて、北海道滞在中の「北の大地の贈り物」シリーズも昨日で終了。今週は書きそびれたことを振り返るミニシリーズでいきましょう。そうそう、一応、コメント欄でを返信はしているんですが、北海道にいる間、「体に気をつけて」などいつにも増してコメントを頂いて、ホントに感謝しております。この前振りに関することだけっていうのでも、読まれてるなってなるとうれしいモノです(けど、意外と皆さん、この部分って読んでるんですね)。

そうそう、北海道取材中、このブログに関して、少し考えることがありまして、一つ面白いことをできればなって思っております。ただし、まだ何も相談してないんで、実現できるようなら、ご報告させてもらいます(それほど期待せずに待っていてくださいね)。

続きを読む »

藤原英厩舎から期待の2歳馬

 内尾です。小倉から大阪へと戻ってきました。夏も終わりを迎えようとしているのに、相変わらずの猛暑続き。体調には気をつけて、いい情報を届けられるように頑張りたいと思います。では、藤原英厩舎の2歳馬について。在厩しているカラフルデイズヴァーチュスタークエルクスシュアーウインについて書きたいと思います。

続きを読む »

2010年8月29日 (日)

最後の札幌~北の大地の贈り物20~

こんにちは、山本です。本日が北海道での最後の仕事。長いようであっという間な21日間でしたねぇ。

さて、この3週間を振り返ってみると、実はある日が1日しかない。そのある日って、休肝日なんです。要はお酒を飲んでいない日。例えば今週を振り返ってみると

月曜→帯広にて記者仲間と焼き鳥屋へ
火曜→函館に帰還後、すぐに餃子屋&海産物中心の居酒屋をはしご
水曜→函館のすし屋にて海産物を満喫
木曜→札幌到着後、すぐにしゃぶしゃぶ屋へ
金曜→羅臼料理の居酒屋にて海産物に舌鼓
土曜→牧野先輩や関西の記者仲間と居酒屋でワイワイ

当然、上に書いた後にどこぞへ消えるパターンが頻繁にあるわけで、かなりのアルコールを消費しているもの、と思われます。さらにこうやって書いていくと、よく食べとるなぁと発覚。これも書いてないですが、今週1週間で例えばラーメンは4杯ほど食べているはず。普通にやばいぞ、って帰る日にビクビクしている日々なんです、実は。

続きを読む »

小倉競馬場から 日曜の勝ち上がり2歳馬

 皆さん、こんにちは。内尾です。この夏、最後の小倉競馬場。そんなに暑くなくて過ごしやすい。夏の終わりを感じています。そうは言っても競馬記者には小倉で、新潟で2歳Sがある来週までが”夏”なんですけど、気分はもう秋競馬へと向かっています。夏競馬はリズムがもうひとつだったので、秋には巻き返したいもの。報知新聞、当ブログでいい情報を伝えられるように頑張るので、これからもよろしくお願いします。

 きょうも勝ち上がった2歳馬を紹介。1Rの未勝利からマスターグレイマン、4Rの新馬オウケンウッドについて書きたいと思います。

続きを読む »

2010年8月28日 (土)

情報もボーダーレスに~北の大地の贈り物19~

こんにちは、山本です。今日は札幌競馬場からパチパチと。そうか、ここからの更新も今年は今週で最後か。せつない…。

さて、世の中、便利になりました。新装された函館競馬場。色々な場所の電気はセンサーによって反応します。エレベーターを降りた瞬間は真っ暗なんですが、廊下に入った瞬間に赤々と電灯がつきます。トイレも真っ暗なんですが、ドアを開けた瞬間に明るくなります。当然、男性用の便器も離れた瞬間にシャーッと水が流れます。ちなみに黒い服を着ることが多いワタクシ、なかなかセンサーが反応しにくいようで、たま~に何度か水が流れずに困ることがあります。

なぜ、こんな話題になったかというと、慣れっちゅうものは怖いもので、昨日の札幌市営地下鉄でのこと。自動改札で通り過ぎようと思ったんですけど、ピンポンと無機質な音とともに前を遮られたのです。何かやったかな、って思ったんですけど、よくよく見ると、券が裏返しだというコンピューターの字幕が…。そこで、どう思うか。普通なら「そうか、じゃ入れ直すか」って思うんですけど、このマルチな機能に慣れてくると「裏でも読み取らんかい!」とちょっとイラっときてしまう。こんな短気ではダメですねぇ。

続きを読む »

小倉競馬場から 土曜の勝ち上がり2歳馬

 内尾です。きょうは小倉競馬場です。金曜は10時頃に寝ました。BS中継の広島―巨人が10時に終了(最後まで放送してほしかった)。チャンネルを変えてソフトバンク―オリックスの試合で「古城が延長11回に2ランを打ちました」と聞いたもので、「きょうは勝ったな」と思いながら寝たのですが翌日、新聞を見ると負けていたのに驚きました。さらに混戦、混戦してきたセ・リーグ。見ている方には面白いです。

 きょうはアスカノバッハエーティーガンダムテイエムキューバについて書きたいと思います。

続きを読む »

2010年8月27日 (金)

栗東からもデビューの便り~北の大地の贈り物18~

こんにちは、山本です。北海道から予想するのも今週で最後ですか。ようやく涼しくなってきたというのに寂しい、そして切ない…。しかし、これ以上書くと本州で頑張っている本紙スタッフに怒られそうなのでこの辺で。

さて、POGブログを始めて今が2年目。ということは取り扱う世代も、今年の2歳で2世代目ということになります。最近、ちょっと気になっているのが現3歳世代で、POG的に注目されていた馬たちの動向。例えば函館で角居厩舎をのぞくと、シーザリオの初子になるトゥエルフスナイトが入厩。「今は走り方を教えている段階です。体質はしっかりしてきたみたいです」と鈴木助手が笑顔で振り返るように、順調なようで26日にゲート試験を受けるという話(結果を知らずにスイマセン)。

さらに札幌にはここで何度も取り上げてきたアドマイヤブレークが入っています。気性難というかうるさい面は相変わらずらしいですが、とにかくこの馬が入厩したというだけでホッとした感じにはなります。この馬に関しては、まずは無事に…、って感じですよね。

続きを読む »

報知Facebookページ

おすすめブログ

関西ボートレース記者・藤原邦充のブログ舟券

地方競馬 南関東ブログ「プラス1」

記者プロフィール

ユーザーのつぶやき

サイト内検索

2022年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.