2010年度版 伝説の新馬戦: 報知競馬ブログ「現場発!POGブログ」

ブログ報知

スポーツ報知 | スポーツ報知競馬 |  ブログ一覧

« いつかその時は来る | メイン| トーセンの風 »

2010年9月17日 (金)

2010年度版 伝説の新馬戦 

 「伝説の新馬戦」の名前が定着するようになりました。記憶に新しい2008年(10月26日、京都、芝1800メートル)。1着アンライバルド、2着リーチザクラウン、3着ブエナビスタ、4着スリーロールスと今、考えれば超豪華。そして、昨年では1着ローズキングダム、2着ヴィクトワールピサの一戦。その年の10月25日に京都・芝1800メートルで行われました。この2つのレースは出世レースとして、のちのち語り継がれるものとなっています。ただ、「伝説の新馬戦」というフレーズは使われ過ぎた感もあります。そりゃ私は「ゼルダ」や「オウガバトル」、はたまた「リサの妖精」、ジャンルは違って「ムーンライト」まで、伝説と名のつくものは大好きですが、こうも毎年、伝説、伝説と呼ばれると…。ただ、私は伝説に変わるような、いいネーミングが思いつきません。まあ、今年も「伝説の新馬戦」でいいや。9月19日、阪神で行われる芝1800メートルの新馬戦は、すごいものが見られそうな予感。木曜も取材をしてきたので、有力馬を送り出す陣営の気配について書きたいと思います。

 ヴィジャイについては木曜に書いたので、人気を分け合いそうなリフトザウイングス(牡、父ハーツクライ、母レンドフェリーチェ)から。16日には武豊騎手が騎乗して坂路で53秒1。雨が降って馬場の悪い時間帯にもかかわらず、ラスト1ハロンは12秒5としっかり伸びて2馬身の先着。ほとんど鞍上が何もしないで、レッドシェリフ(新馬)を突き放す姿には凄みが漂っていました。橋口調教師は「馬場がいいときにやれば50秒台は出る。性格から歩き方からハーツクライに似て、すごくいい馬」と雨の中、厩舎の前で熱を込めて話してくれました。

 思い出すのは2週間前。坂路スタンドで橋口調教師のそばにいると「9月19日の新馬戦に、ディープ産駒でスゴいのがいるらしいな」と切り出してきました。間違いなくヴィジャイを意識したコメントです。厩舎の看板馬として期待している牡馬が最初に乗り越えないといけない壁。ハーツの息子もまた、運命に導かれるようにディープの壁にぶち当たる。このとき、すでにライバルとしての物語は始まっていたのでしょうか。思えば、つい先日、記者仲間と飲みに行ったときも「キミはリフト派? ヴィジャイ派?」の話で盛り上がりました。その昔、「聖子ちゃんか? 明菜ちゃんか? キミはどっちが好き?」と話していたのと同じくらい、競馬に携わる者の間ではポピュラーな2頭になりつつあります。ちなみに私は河合奈保子派でした。この2頭を中心に繰り広げられるドラマ。ゲートが開く瞬間が待ち遠しいです。

 その他、と言っては失礼すぎるほど素質あふれるメンバーがそろっています。まずは紅一点のヴァレノーヴァ(牝、父アグネスタキオン、母ヴァレンティン)から。水曜の坂路の時計が51秒0。2ハロン目に12秒2、3ハロン目に11秒8と飛ばしたはずなのに、最後の1ハロンは12秒6としっかりと踏ん張っています。入厩する前から「走る、走る」と厩舎では評判になっていたようです。そして坂路で満点に近い回答。終わってみればアドマイヤセプターが中心の牝馬の勢力図を、塗り替えるようなポテンシャルがあります。

 次はビップセレブアイ(牡、父ゼンノロブロイ、母ベストオブチャンス)について。この馬も坂路での動きが良かった。馬なりのままで51秒4。スタートは3馬身ほど前にいたメイケイダンサー(2歳未勝利)を楽々とかわして3馬身の先着で締めました。「動きが良かったね。いいフットワークをしていて扱いやすい。ただ、今回の新馬戦は強いメンバーが集まるという話だよね。このぐらいの時計は簡単に出る馬ばかりでしょ」と清水久調教師は謙虚に話します。覚えておきたいのは、このトレーナーは新馬戦にめっぽう強いんです。昨年、開業してから11勝のうち4勝が新馬戦。実に36・4%になります。阪神の芝1800メートルでは、5番人気のバトルイグアスでデビューVを飾ったこともあります。西武ライオンズ・渡辺久信監督の「ナベQ」に引っかけて、「シミQ」の愛称を持つ清水久詞調教師。「新馬のシミQ」が大仕事をするかもしれませんよ。

 私が頑張ってほしいのはエリモロワイヤル(牡、父シルバーチャーム、母エリモジェンヌ)です。毎週、取材している佐々木調教師の馬だけに、どうしても応援してしまいます。「血統的にダートっぽいが、今回は芝を試してみる。1か月ほど乗りこんで仕上がりはいい」とトレーナー。この重賞級のメンバーを相手に好走すれば、今後の可能性が広がります。シルバーチャームの代表産駒になるための第一歩を刻んでほしいです。

 あとは当然、レッドデイヴィス(セ、父アグネスタキオン、母ディクシージャズ)でしょう。今週は坂路で53秒3―12秒6。年上のモーレツ(3歳500万)を一気に突き放していました。かなりの瞬発力がありそうで、期待の一頭と言えそうです。

 では、また。ごきげんよう。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/25064385

このページへのトラックバック一覧 2010年度版 伝説の新馬戦:

コメント

 ふぃれいゆさん、こんにちは。
 トゥエルフスナイト、勝って良かったです。今年の2月頃に「まだしっかりしていない」と清山助手から聞いていたのですが、半年たってようやくデビューして、見事に初戦を飾ってくれました。こういったスーパー良血馬がいてこそ競馬が盛り上がる。これからの快進撃に期待したいと思います。

今週のこの新馬戦の影に隠れて
こそっと3歳未勝利戦でトゥエルフスナイトがデビュー勝ちしてますね
シーザリオの初仔として昨年度のPOGでは人気したことでしょう
まだ1勝ですが今後の活躍楽しみにしたいですね。

 うまおーさん、おはようございます。
 ヴァレノーヴァについて。厩舎内で取材したところ、他の馬に携わる厩務員さん、助手さんまで皆「あの馬は走る」と口を揃えていっているんです。鳴り物入りで入って来た馬が、坂路で51秒0なんてタイムを出せばトーンが上がる音も当然でしょう。では、いい情報を届けられるように頑張るので、今後とも報知新聞、当ブログをよろしくお願いします。

 メタリカさん、おはようございます。
 レッドデイヴィスについて、深いところまで情報をいただいて、ありがとうございます。セン馬がクラシックに出られないという規定が残念。トライアルをどんどん勝って、主催側に特別枠を考えさせるような走りをしてほしいですよね。牡馬だろうとセン馬だろうと関係なく、強い馬がいっぱい出てきたらいいと私は思うんです。では、デイヴィスのデビュー戦、そしてこれからに注目したいと思います。

 ペイストリーシェフさん、おはようございます。
 マイネエレーナに関しては水曜に西園調教師に取材したところ「木曜に追い切る」と聞いていました。でも、木曜が朝からすごい雨だったから、それで自重したことが濃厚です。土曜には坂路で52秒8を出しているから、状態は問題ないでしょう。予定通り来週デビューかどうか機会があれば聞いておきます。では、また。

内尾さん、こんばんわ。

先日はニシノフェイムの情報ありがとうございました!

今日の聖子ちゃん派と明菜ちゃん派の例えも凄く分かりやすかったですhappy01

自分は明菜派でしたが、指名は人気を分け合う明菜派と聖子派ではなく、3番手の河合奈保子派ともいえるヴァレノーヴァに。

ヴィジャイとリフトにかなり後ろ髪を引かれまくって、更にビップセレブアイにも後ろ髪を引かれましたが、牝馬なのにあえてこのレースに出走させる白井先生の意気込みにも賭けてみたいと思います。

また耳寄りな情報などありましたら宜しくお願いしますsign01

こんばんは、伝説の新馬戦楽しみです。勝ち馬は、デイヴィスです。ぜひ、クラシック候補といわれる馬たちに勝って、幻のクラシック馬になってほしいですね。リフトザウィングスの追い切りが評判ですが、併せたシェリフは、社台Fでは、15-15は、1回もやらず、乗り込み量も、遅生まれということもあり全然少なかったんですが、早くに、グリーンウッドに移動になり、トレセンへそして、デビュー戦です。リフトは、乗り込み量が豊富なんで、16日の併せで差の出るのは当たり前。シェリフは、今は、能力だけで、走っているんですね。ぜひ、3歳の春を、楽しみにしていてください。あっと言わせますよ。

毎日楽しく拝見させていただいてます。

先週は札幌コスモス賞でマイネルギブソンがOP勝ちを収め、まだまだマイネル・マイネ軍団から目が離せません。

先週ピックアップされた西園厩舎のマイネエレーナが来週デビューの予定なのに今週時計が出てません。

デビュー戦変更? それとも故障?

取材機会ありましたら、よろしくお願いします。

 たまねぎさん、こんにちは。
 今は「伝説の(と将来呼ばれそうな)新馬戦」ぐらいの方がよかったですかね? ()をつけるべきだったかも。確かに走る前に「伝説」とつけちゃうのも何だかな~、と言う気がしてきたが、書いてしまったあとに気づいたので仕方がない。以降は慎重にやります。
 レッドデイヴィスもかなりの素質馬のはず。調教VTRを見たのですが、年上のモーレツを一気に突き放すところは圧巻でした。瞬発力勝負になれば出番がありそう。終わってみれば、こっちが主役に、ということも十分にあると思います。では、また。あと2日、お楽しみに。

 話はそれて、あとは「時の鍵」も好きでした。

 平八郎さん、こんにちは。
 どっちも指名、それはうらやましい。2頭が同着で1着が理想ですが、なかなかそうはいきません。落ち着かない時間を過ごすのも、また楽しいものと思います。あと2日。私もワクワクしています。

 夏芽さん、こんにちは。
 全頭無事にゲートイン。やっぱり一番重要なのはそこですよね。橋口調教師と松田国調教師の意地と意地のぶつかり合い。どちらも普段は優しい笑顔をしているのですが、火花が散るような対決まで、あと2日。私も本当に楽しみです。
 スマートロビンについては、来週、新聞紙上で大きく取り上げられると思いますが、当ブログでも誰かが触れると思います。
 ヴィジャイが勝って「松田国調教師が送り出すディープ第2の刺客」となるのか。来週もまた競馬を愛する者には待ち遠しくて仕方がないレースが行われることになりそうです。

内尾さん、はじめまして

「伝説」という言葉は後から付いてくるものだと個人的には思うんですがねえ…
「好メンバー」とかでもいい気が…それだとインパクトが弱いかな?

個人的にはレッドディヴィスに期待してます!
二歳でセン馬ですからねえ、走って名を残さなければ。

それでは、また

PS.リサの妖精伝説は中々出てきませんよ
流石?ですね!

内尾さん、こんにちは。
いよいよ例の新馬戦が近づいてきましたね。
ちなみに私はどっちも派です(笑)
どっちも指名してますんで・・・って、一騎打ちならいいんですけど、他のメンバー見ると、決してそんなレースでもなさそうで、正直不安もあります(^_^;)
1着同着が理想ですが、せめてワンツー、最悪でもどちらかが勝ってほしい、なんて心境ですが、いずれにせよレースが終わるまでは落ち着かない時間を過ごすことになりそうです。

内尾さんお疲れさまです。いよいよ伝説の日が近づいて来ましたねhappy01当日は私も現地で応援(リフト派)するつもりです!でも(ライバルも含め)まずは無事にゲートインそして全馬納得のレースができるといいですよね!そして翌日も橋口先生松国先生の対決!更に翌週にはスマートロビン…POG好きにはたまらない季節です!是非お忙しいなか申し訳ございませんが、そのへんのお話しもよろしくお願いします!

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

報知Facebookページ

おすすめブログ

関西ボートレース記者・藤原邦充のブログ舟券

地方競馬 南関東ブログ「プラス1」

記者プロフィール

ユーザーのつぶやき

サイト内検索

2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.